テレビステーション

ロボ
Loading

観劇周辺散歩

帝国劇場周辺

堂本光一主演「ショー・劇」ミュージカル『Endless SHOCK 2015』が絶賛公演中の帝国劇場は、東京の中心、丸の内にある。前を走る日比谷通りの向こうには皇居外苑があり、左手に日比谷公園を望む場所に位置し、周辺には大手企業のオフィスビル、劇場、映画館、美術館、ホテル、ブラントショップが立ち並ぶ。そんな帝国劇場の観劇前後に立ち寄ってみたい場所を紹介する観劇散歩はいかがだろう。(2015年3月)
kangeki-1

蘭(喫茶店)
帝国劇場の地下劇場楽屋口近くに、創業50年の喫茶店「蘭」がある。店内には上演中作品のポスターが貼られ、作品にゆかりあるBGMがさりげなく流されている。劇場出演中の役者のほとんどが利用するといわれ、俳優の市村正親もお気に入りのお店だ。メニューはあんみつやケーキ、クリームソーダなど和洋の甘味のほかに、昔ながらのナポリタンスパゲティやオムライス、焼きそば、サンドイッチなどもある。食事メニューにはもれなくコーヒーか紅茶が付く。もしかしたら贔屓の役者が食べたかもしれない味を、味わってみてはいかが?
電話 03-3211-7891
kangeki-2

丸の内佐渡特選館(アンテナショップ)
帝国劇場がある丸の内周辺には地方の博覧会さながらに、多数のアンテナショップがある。帝国劇場の隣、国際ビル一階にあるのが、新潟県佐渡島のアンテナショップ「丸の内佐渡特選館」だ。新潟県佐渡島のお酒、野菜、果物、お菓子、化粧品などを販売する、佐渡島のアンテナショップ。
そしてここにはもう一つの顔がある。「丸の内・島ポータルショップ 島の縁」として、因島、隠岐の島、トカラ列島など、全国の離島からの珍しい特産品を販売する。佐渡島の規格外の米を有効活用した洗顔パウダー「フェイスクリア88」や、TVで話題となった因島の「はっさく大福」、幻の焼酎など、なかなか手に入らない逸品も多い。遠い離島の空気を感じることが出来る。
電話 03-6269-9240
URL http://www.sadotokusen.jp/user_data/marunouchi.php
kangeki-3