テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

「脳にスマホが埋められた!」第3話に秋元才加が出演

秋元さま×篠田さま 囲み取材会写真伊藤淳史主演の木曜ドラマ「脳にスマホが埋められた!」(日テレ/読売系 毎週木後11時59分)が放送中。7/20(木)に放送される第3話には、元AKB48の秋元才加が出演決定。レギュラーで出演中の篠田麻里子とは旧友で、プライベートでも食事に行く間柄。絶賛撮影中だったこの日、2人に共演の感想を聞いた。

 

篠田演じる栗山五月はアパレル会社・エグザルトンの元デザイナーだが、現在は総務課勤務。自身の仕事にやる気を失い、恋愛や結婚に対する悩みも抱えている。篠田は、「五月とは、ファッションが好きという所が似ています。普段は総務課でみんなと和気あいあいとしていますが、自分の将来を見据えて悩んだり挫折したり、いろんな葛藤があると思うんです。この世代は恋愛や結婚も考えるので、揺れ動く女性の複雑な気持ちはすごく共感できますね。今後そういう(恋愛の)展開もあるのかなと思います」と、今後は五月の恋愛模様にも注目してほしいとPR。一方の秋元は、エグザルトン所属のマラソン選手・本吉佳蓮を演じる。「佳蓮はスター選手なんですけど、実は右膝に痛みを抱えている。自分から走る事がなくなったら、何が残っているのかって、葛藤を抱えていて、そんな時に折茂さん(伊藤)に相談に乗ってもらうんです。その流れが3話の見どころですね。背中を押してくれる折茂さんを見ていただきたいなと思います。役柄については、無理せず演じられている気はしますね。得意なものを失ったら自分に何が残るんだろうって、アスリートだけではなく、誰もが抱える不安の1つであると思うので、見ている方が共感してもらえる部分もあると思います」と見どころを。

 

ドラマ共演はAKB時代にはあるものの、同じシーンで絡むのは今回が初めてという2人。秋元は「AKB48在籍時の私たちを知っていた方はより面白い、楽しめる台詞があるので、そこは私も楽しみながらお芝居させていただきました。私は緊張しがちなんですけど、仲間が現場にいてくれる事で、初日から緊張せず伸び伸びとやらせていただいています」と撮影を楽しんでいる様子。篠田も「レギュラーキャストの皆さんとのお芝居も楽しいんですが、やっぱり秋元才加が来ると懐かしくもあり、久しぶり感もあって、すごく楽しかったです」と嬉しそうに語る。篠田は「今回のドラマは、スマホ人間という今までありそうでなかったテーマを扱っています。みんなで探りながら、楽しみながら作っている作品で、視聴者の皆さんも面白いなと思ってもらえると思いますし、それぞれが共感できる人間ドラマもあるので、毎回楽しんで見てもらえたらなと思います」とPR。秋元は「人から求められている自分と本当の自分がやりたい事は何なのかという事を佳蓮という役を通して描いています。皆さんが共感できる部分だと思うので、ぜひ見ていただきたいなと思います」とメッセージを送った。

 

「脳にスマホが埋められた!」は、鈴木おさむ氏が企画を担当した一話完結型のSFヒューマンドラマ。ある日突然、脳がスマホのようになってしまったアパレル会社「エグザルトン」のサラリーマン・折茂圭太は、視界にはメッセージの吹き出しが飛び交い、他人のメッセージ(秘密)を見る事ができるという能力を身につける。圭太はこの能力のおかげで関係のない社内外のトラブルに次々と巻き込まれていく……。