テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

ジャニーズヒットソング特集も!TBS系「歌のゴールデンヒット」

NIS_5673 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「歌のゴールデンヒットーオリコン1位の50年間ー」(TBS系)が、2/13(月)後7:00〜放送。日本の音楽を語る上で欠かせない存在の「オリコン週間ランキング」にスポットを当てた新たな音楽番組。
 この番組に近藤真彦が出演することが発表された。近藤は、16歳にしてオリコン史上初の「デビューシングルが初登場1位」という、いまだに破られていない記録を打ち立てている。さらに、オリコン1位楽曲16曲、2週間以上連続1位の楽曲10曲という記録は、ジャニーズ事務所所属アーティストの中で最多。そんな記録尽くしの近藤の名曲を当時の秘蔵映像と共に振り返りつつ、「ギンギラギンにさりげなく」ほか3曲を熱唱する。
 さらに、「ジャニーズヒットソング特集」も放送予定。オリコン50年の歴史の中で、ランキング1位を獲得した楽曲は1,500曲。その中で、約1/4にあたる387曲をジャニーズ事務所の歌手が獲得している。そんな387曲の中から厳選した曲が紹介される。(※2017年1月16日時点の楽曲数を表記)

 また、「ピンクレディー ヒット曲メドレー」や「松田聖子イントロクイズ」などの企画も満載。

 MCを務めるのは、堺正章、篠原涼子、宮迫博之の3人。いずれも歌手としての実績も十分だ。

 堺は、ザ・スパイダーズのボーカルとしての活動のほか、ソロでも1971年に「さらば恋人」でオリコン週間ランキング2位を獲得。さらには、『NTV紅白歌のベストテン』『輝く!日本レコード大賞』などの音楽番組で長年司会を務めるなど、日本の音楽史を語る上で欠かすことのできない存在。「松田聖子イントロクイズ」では、かつて『夜のヒットスタジオ』で司会を務めた芳村真理が登場。47年ぶりにタッグを組んだ2人の司会にも注目だ。

 篠原涼子は「愛しさと せつなさと 心強さと」で1994年にオリコン1位を獲得、宮迫博之は山口智充とのユニット「くず」の「全てが僕の力になる!」で2004年に1位を獲得している。


 囲み取材では宮迫が、3人の中で唯一1位を獲得していない堺に対し「1位を集めた番組の司会者が、1位を獲っていないというね」と、愛あるいじりを展開。それを受けて、堺は「父親の遺言に、最高の二番手を狙いなさいという言葉がありました。1位になったらおしまいだよ、2位で常に可能性を持って生きていくことも大事なことなんだ、と言われたことがあります。だからオリコンで言えば、父の遺言を守ったことになる。ということは、まだ1位になる可能性だってある!」と、笑顔を見せた。番組では、惜しくも2位だった堺の代わりに1位を獲得した人物も登場し、互いの楽曲を歌唱する。
 堺は「オリコンというと、リスナーは自分が支持しているアーティストが何位に輝くか気になるものだと思います。でもそれ以上に歌っている側にとっては、今週も一位だろうか、ランキングが落ちてしまっただろうかと、そこにはすごいドラマがあるのです。そういう意味ではむしろ、オリコンに心を動かされたのは歌っている方じゃないかなという気がしています」と語り、「皆さんの心のどこかにしみついている名曲の数々をご紹介いたします。懐古的になるのではなく、当時を思って今を考える、ということがすごく大事かなと思います。ぜひご覧ください」と意気込んだ。
 久しぶりの司会だという篠原は、「皆さんそれぞれ、あまり聴いていなかった曲、知らなかった曲、一方で思い出の曲があると思います。この番組を通して皆さんに、懐かしい気持ちになっていただけたら良いですし、私もその一人になってうまく伝えて行けたら良いなと思っています」と話した。
 「オリコンとはほぼ同い年」と話す宮迫は、「打ち合わせの段階で、ほとんど全部(楽曲を)知っていたんです。生まれる前や1歳2歳の時にリリースされた曲のことは覚えていないはずなのに、全部知っているんですね。それだけ1位になった歌というのは、人々の思い出の中に残っていて、時代が変わっても語り継がれていくのだと思う」と、その感動を語った。
番組ゲストには石井達也、菊池桃子、小室哲哉、小柳ルミ子、今陽子、高見沢俊彦、千秋、増田惠子、薬丸裕英、芳村真理らが出演。

 オリコンランキングと共に、日本の名曲に浸りたい。

 

■■番組情報■■
「歌のゴールデンヒットーオリコン1位の50年間ー」
TBS系 2/13(月)午後7時〜