テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

東野幸治も大爆笑! ウエンツが人生初のドッキリで大変なことに

どっきりメイン

 東野幸治とウエンツ瑛士がMC初タッグでおくるフジテレビ系のバラエティ特番「土曜プレミアム 芸能人が本気で考えたドッキリさせちゃうぞGP」が、10/15(土)後9時放送。

 これまで数々のドッキリに引っ掛けられてきた芸能人らが“ドッキリクリエイター”として“自分で考えたドッキリVTR”で対決し、グランプリ作品を決めるという、これまでのドッキリ番組とは一風変わった新たなドッキリ番組が誕生する。第1弾となる今回の“ドッキリクリエイター”は、ヒロミ、堀内健、陣内智則、ビビる大木、小峠英二。

 収録を終えた東野&ウエンツは、「ものすごいリアル。視聴者が求めてるものを出すっていうよりは、本当にそこにある真実を映してる。今までのドッキリとは違う!」(ウエンツ)、「普段ドッキリに引っ掛かったり、仕掛け人をやっている芸能人が考えるので、仕掛けがバレないように細心の注意を払った“リアルなドッキリ”。その人の人間性が浮き彫りになるような内容で、面白かった」(東野)とそれぞれが手ごたえを語った。

 2人がMCでタッグを組むのは実はこれが初めて。番組内のVTRでは東野のイメージを「人殺し」と言っていたウエンツだが、「収録が終わった後、すごいいろいろと気を遣っていただいて。『VTRおり、あんな感じで大丈夫だった?』とか」と、東野の意外な優しさに感動した様子。ハッとしたように隣の東野に「あ、これ言って大丈夫ですか!?」と確認することも忘れなかった。一方の東野も、「ウエンツは真面目。収録にもボールペン持参してた。3時間くらいの収録で一回も持ってなかったけど(笑)」と、真面目なウエンツの天然ぶりを明かした。

 今回、ウエンツは東野を引っ掛けようと渾身のドッキリを考えたのだが、東野は「ウエンツが考えたドッキリをウエンツ自身にやっちゃうぞ」というドッキリを提案。ウエンツは自身初のドッキリにして、自ら考えたネタにはめられてしまった。その光景を思い出しては大爆笑の東野は、「MCとして進行しながらコメントもして、それでいてドッキリにも引っ掛かって。脚本、監督、主演と、まるでジャッキー・チェンのような活躍でした。すごかったです!」と、含み笑いの大絶賛。ウエンツは相当痛い目を見たようで、「ドッキリって、どこか愛情を持って仕掛けないとダメなんですね。『やるだけやってやろう!』って気持ちは、ほんとにダメ」と反省を。「これを機に事務所がOKして、これからどんどんドッキリにかけられるんじゃない?」という東野の言葉に「いや、僕はもうミュージカルスター1本でいく」とウエンツ。「バラエティは腰掛けでやってるんで」と強がるウエンツに、「バラエティでしか見たことないし(笑)」と東野からヤジが飛んだ。

 ウエンツは「東野さんにドッキリをかけたい」とリベンジを試みるも、「僕はダウンタウンさんにずっと引っ掛けられてきましたんで。ダウンタウンさんがめちゃめちゃ高度にバレないように作ってくるから(鍛えられてる)。だからコードとか見えたら『あ、コードや!』とか『CCDカメラや!』って言っちゃう。観葉植物とか、(中を)パッと見ますからね。『これウエンツのドッキリや!』って言っちゃうよ」と東野。これにはウエンツも「強敵だ……。ドッキリ王ですわ」とポカン。「3ヶ月とか、長いスパンのなかでやらなきゃいけない」と真面目に考えだし、取材陣を笑わせた。


 ウエンツがかけられたウエンツ考案のドッキリ、そのほか、“ドッキリクリエイター”たちが満を持してプレゼンするドッキリは、どのような展開を生むのか。芸能人の素顔満載、爆笑必至のOA、ぜひチェックを!


【番組概要】
土曜プレミアム 
「芸能人が本気で考えたドッキリさせちゃうぞGP」
10/15(土)
フジテレビ系 午後9時~11時10分

スタジオ審査員/千秋、林遣都、足立梨花、瀧本美織、藤田ニコル
クリエイター/ヒロミ、堀内健、陣内智則、ビビる大木、小峠英二
MC/東野幸治、ウエンツ瑛士

どっきりサブ(C)フジテレビ