テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

“未知子”ならぬ“道子”!? 「ドクターX」第4シリーズでミス・ワールド田中道子が女優デビュー

 10月スタート、米倉涼子主演の大ヒットシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」第4弾で、「ミス・ワールド 2013 日本代表」の田中道子が女優デビュー。今年3月に“女優宣言”をした田中が初めてお芝居に挑戦し、本格的に女優の道への第一歩を踏み出す。

 田中が演じるのは、米倉演じる天才フリーランス外科医・大門未知子が勤める「東帝大学病院」の病院長・蛭間(西田敏行)の秘書・白水里果。表向きは蛭間に忠実に尽くす才色兼備な女性だが、その正体は金とステイタスが大好きで、蛭間を手玉に取る魔性の女という難しい役どころだ。

 事務所の先輩であり、“女優宣言”の先駆者でもある米倉も、田中を歓迎。「私が初めてドラマに出演した時は、田中さんほどセリフをもらえなかった」と過去の自分を振り返りつつ、「大先輩である西田敏行さんのそばで勉強させていただけるなんて、すごくラッキーな役だと思う。この貴重な時間をムダにしないように、思いっきり頑張ってほしいです!」とエールを送った。

 大ヒット作でのデビューに、大御所俳優たちに囲まれた現場、そして先輩・米倉のバックアップと、恵まれた環境で女優デビューを果たす田中。その秘書ぶり、女優としての成長にぜひ注目を。

【番組情報】
10月スタート
「ドクターX~外科医・大門未知子~」
テレビ朝日系
毎週木曜 午後9時~9時54分