テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

『何者』完成披露に佐藤健、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之が登壇!

0830「何者」完成披露舞台挨拶①

 10/15(土)公開の映画『何者』の完成披露試写会が8/30、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、主演の佐藤健をはじめ、有村架純、二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之が登壇。大歓声に迎えられ、レッドカーペットを練り歩いてステージに立った。

■ごあいさつをお願いします。

佐藤「この作品をいち早く観たいと思って、本日こうやって来てくださってうれしく思います。雨のなか、無事にたどり着いたようで安心しています。天気の都合で野外のイベントができなくなってしまって申し訳ないし、残念なんですけど、その分ここで楽しくお話ができればと思います」

 有村「撮影をしたのは3月くらいなので、半年前ってことですよね。なんか早いような、すごく懐かしいような気もして。今日を迎えられてとってもよかったです」

 二階堂「どうもー、ふみちゃんでーす(笑)。あ、二階堂です。今日は台風のなかありがとうござます。皆さまにお会いできてうれしいです」

 菅田「僕が演じたのは天真爛漫系男子ということで、基本的には就活の話ではあるんですけど、劇中ではバンドシーンがあったり。誰が見ても共感できるネチっこいことがいっぱい詰まっている映画です。出演できてうれしいし、ここに立っていることを幸せに感じます」

 岡田「こんな豪華なメンバーのなかに混ぜてもらって本当に、(突然チャラ男風?キャラで)うれしいっすねー。今回変なキャラをやらせてもらったので、今日はちょっと変な感じで楽しくおしゃべりできたらいいなと思っております(笑)」

 山田「僕はこのスターキャストが集まっているところに便乗してしまおうっていうだけの気持ちで来たのであんまりしゃべることはないんですけど(笑)、よろしくお願いします」

0830「何者」完成披露舞台挨拶③0830「何者」完成披露舞台挨拶②

 ■皆さん、黒い衣装にそれぞれに差し色がありますね?

 佐藤「そうなんです。黒のフォーマルでそろえていると見せかけて、実はみんなそれぞれ違う差し色をしているというコンセプトの衣装になっています。現場では基本5人で話していることが多かったんですけど、何か『戦隊モノみたいじゃね?』ってなって。それで舞台あいさつの時に同じ色を差し色にすることは結構多いんですけど、『何者』はそれぞれ個性が違う役なので、色を変えた方が作品に合うんじゃないかと思いまして、ちょっとやってみました。わたくしは赤レンジャーです!」

 有村「私はピンクです!」

佐藤「二階堂さんはオレンジ、岡田くんは……」

岡田「紫です。本当は青が良かったんだけど」

佐藤「青、空いてたのにね。(緑のバンダナを膝に巻いている菅田に向かって)この緑の使い方は君の生きざまを表しているようで僕は好きだよ(笑)」

菅田「(笑顔で)ミドレンジャーです(笑)」

佐藤「何も知らなかった人は多分『足折っちゃったのかな~』って思うよね(笑)」

菅田「そうそう。首痛めてる系男子とかあったじゃないですか。そんなノリです(笑)」

佐藤「膝痛めてる系男子だね(笑)」

 ■有村さんは、佐藤さん演じる拓人と菅田さん演じる光太郎との、ナイーブな三角関係のはざまに立つ瑞月を演じていかがでしたか?

 有村「拓人の気持ちに多分気付いてないので、本人的には悪気はないけど、客観的にみると瑞月もちょっとアカンなみたいなところもあったりはします」

 ■菅田さんは?

 菅田「いや~、大変ですよ。だってみんなのタケルンよりモテるって設定ですから(笑)。結構僕はドキドキしていました。本読みの時に有村さんに、『光太郎のどんなところが好き?』って聞いたら、『真っすぐなところ』って言われたので、それからはあまり考えずやろうって」

佐藤「え、ノロケ?(笑)」

菅田「いや、演技論です(笑)」

■意識高い系女子・理香を演じられた二階堂さんですが、宣伝部調べによると原作のイメージにぴったりという声が一番多かったそうですが、共感できるところは?

二階堂「フフフフ……意外となかったですね(笑)。でも意識高いのはいいことだと思うので、理香さんを見習って、意識高く歩んでいきたいと思います」

 ■一匹オオカミ的な隆良を演じられた岡田さんは、皆さんとワイワイする場面が少なくて寂しさも感じましたか?

岡田「僕は撮影が数日だったので皆さんとあまりお話ししなかったんですよね」

佐藤「あれ? 僕たちの思い出すべて忘れ去られてる? 結構僕たち一緒に遊んだ記憶があるんですけど……(笑)」

菅田「サイテー(笑)」

岡田「……(笑)。菅田さんと二階堂さんが本当に元気なんですよね。その元気に巻き込まれて、一緒にワイワイしてました!(笑)」

 ■では最後に、佐藤さんからごあいさつを。

佐藤「三浦監督の下で、このメンバーと芝居というものに真っすぐに向き合って、作品を作り上げられたことを心から幸せに思います。この映画は、それぞれの感想をお持ちになると思う。そういう意味で、語りたくなる映画だと思うんですね。なので、観終った後にこの中の誰に共感して、どんなことを思ったのかをたくさん語り合っていただけたらうれしく思います」

0830「何者」完成披露舞台挨拶④ 映画『何者』は10/15(土)より、全国東宝系にてロードショー。