テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

乃木坂46生駒「新たな姿が見られると思う」 主演映画続編が完成

コープス★IMG_3638  乃木坂46生駒里奈主演映画の続編『コープスパーティーBook of Shadows』の完成披露試写イベントが行われ、生駒のほか、昨年公開された前作『コープスパーティー』に出演した前田希美、池岡亮介、喜多陽子 内藤穂之香、続編から新キャスト・欅坂46石森虹花、青木玄徳、原作者の祁答院慎と山田雅史監督が登壇した。

コープス★IMG_3529 主人公・直美役の生駒は完成を迎え、「心の底からうれしい」と笑顔を。そして「前作より強くなった直美が見られます。いつもの私とは違う、新しい姿が見られると思う」とPRを。前田は「後半になるにつれて、みんながドロドロ崩れていくのが見どころ(苦笑)。いろんなものがドロドロしてる(笑)」と意味深コメントで会場の笑いを誘った。池岡は「前作でなくなった腕が生えました(笑)」と冗談めかしつつ、「好戦的な哲志が見られると思う」と自身の役について触れた。子役の内藤は「前作よりこわさを多めにしたいと思って、がんばりました!」と元気にかわいらしくコメント。生駒は改めて、「続編を経験できたことがすごいし、キャストやスタッフの皆さんともう一度会えることがうれしかった」と語り、喜多も「久々の再会でしたが、すごくナチュラルでいられた」と現場の様子を振り返った。

 前田演じるあゆみの姉・ひのえ役で映画初出演を果たした欅坂46の石森は、「自分よりも妹を守ろうとする役。一生懸命なお姉ちゃんが演じられていたらいいなと思います。自分自身は妹なので、この役が決まってから欅坂46内でお姉ちゃんっぽくいることを意識していました」と。原作でも人気の刻命裕也役の青木は「現場で僕の芝居を見て、石森さん、いや虹ぽん(石森)が泣いていました。虹ぽんって呼んで勝負してみようとしたんですが、ややウケでしたね(苦笑)。前作で現場の雰囲気ができていたので、新たに参加するのはハードルが高かったんですが、勝負のつもりでいきました(笑)」と息巻き笑いを誘うと、石岡が「けんかはしてないですからね(笑)」とフォローし、キャスト陣からも笑顔がこぼれた。そして、新キャストの石川恋も急遽駆けつけ、あいさつを。「撮影現場はすごく楽しくて、私たち新キャストが入ることで、作品もパワーアップしていると思うので、楽しんでいただけたら。怖さだけでなく、友情や人間の本質的な部分も描かれているので、ホラーじゃないところにも注目してみてほしいです」とポイントを語った。コープス★IMG_3588

 また、乃木坂46生駒×欅坂46石森の共演も話題の本作。生駒との共演について石森は「うれしかったです。あこがれていたので、すごくぜいたくな経験だなと思いました」と感想を。生駒も「うれしかったです。欅ちゃん(欅坂46)と絡むことが少なかったので、この映画で私たちが壁をぶっ壊した感じ。これからも面白いことがいろいろできたらいいですね」と期待を寄せていた。そして、最後に生駒は「私も完成を観て結構怖かったので、その怖さをいろんな方に伝えてもらえたらうれしいです」と観客に語りかけ、石森は「このような場所に立つことができてとても幸せです。作品を観ていただければ、私が涙した理由も分かると思うのでぜひ観てほしいです」とPRした。

 映画『コープスパーティーBook of Shadows』は、7/30(土)より、シネ・リーブル池袋、川シネマシティほか、全国順次ロードショー&同日ニコニコネットシネマ公開。

 公式サイト:http://cp-movie.jp