テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

「ぶっこみジャパニーズ」第6弾の見どころをおぎやはぎが解説!

ぶっこみジャパニーズ

 おぎやはぎがMCを務めるバラエティ「ぶっこみジャパニーズ」第6弾が、6/21(火)後7時からTBS系でOAされる。

 和のカリスマが海外の「ニセジャパン」を成敗し、正しい日本文化を伝授する本番組。

 6回目となる今回は、キューバの‟ダメ寿司屋”に寿司の番人・小川洋利が潜入する「寿司編」、アメリカの‟ダメ忍者道場”に「忍び」集団の武蔵一族・蒼志が潜入する「忍者編」、メキシコの‟ダメうどん店”に、香川県の讃岐うどんの超人気店「もり家」創業者・森田真司が潜入する「うどん編」に加え、今回から新コーナーとして日本国内の「本家に知られたら、苦い顔をされそうな怪しいメニュー」を紹介する「国内編」も登場! 知っているようで実は知らない「ミラノ風」料理を出しているお店を総力取材する。

 そんな新コーナーも交えておくる第6弾の収録を終えたばかりのおぎやはぎを直撃!

Q.収録を終えた感想は?

矢作「今回も、外国にとんでもない人がいましたね。今回で6回目ですけど、寿司に関しては一番ひどかったんじゃないかな」

小木「今までと違って、社会主義国のキューバっていうのがあるからね。情報も入ってこないわけだし」

矢作「仕方がないんですよね。大した情報もなく、彼らなりに一生懸命やっていたわけですから、基礎を知らなさ過ぎるのは仕方がないこと。ですから、(番組が)良いことをしたって感じですね」

 Q.今回のイチオシは?

矢作「『忍者編』は面白かった! 単純にお笑いとして面白い!」

小木「確かに面白い。ちゃんと真面目にやっているから面白いんでしょうね。忍者が大好きで、信じてやっているから面白いです」

矢作「笑いの基本を知っていますよね。ふざける時は、真面目にやらないと笑えないというお笑いの大前提をちゃんと素で分かっている感じ。真剣にやってふざけているというね」 

Q.最後に視聴者にメッセージを

矢作「最近は和食ブームなんで、海外でも和食のおいしいお店も多くなったんですけど、まだまだこういった(番組で放送するような)お店があるので、海外行った時は気を付けないといけないですよ」

小木「確かに! この番組を見ていて、海外のレストランとか怖くなってきた」

矢作「そうね。海外に行ってダメなお店を見つけたら、本当にTBSにご一報ください!」

小木「この番組を頻繁にやれるようになれそうだし」

矢作「スタッフのリサーチも楽になるんでね。例えば『アルゼンチンにヤバイ店があるぞ』とか、皆さんにリサーチャーになってほしいですよね」

小木「そしたら俺らも現場に行くしね。ハワイとかニューヨークだったら」

矢作「行くの? ていうか、ハワイはダメなところないでしょ! でも、海外に行った時は、いろいろ和食屋に行って本当にチェックして本当にTBSに一報ほしいです!」

 

【OA情報】

6/21(火)後7時~10時54分「ぶっこみジャパニーズ6」(TBS系)

<MC>おぎやはぎ

<ゲスト>梅沢富美男、振分親方、山村紅葉、高畑裕太、浅田舞、トリンドル玲奈