テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

「いつ恋」贅沢キャスティング、村瀬Pの狙いは?

(C)フジテレビ

(C)フジテレビ

 主演に有村架純と高良健吾、共演に高畑充希、西島隆弘、森川葵、坂口健太郎と、月9らしい豪華なキャスティングが実現した「いつ恋」。村瀬健Pに言わせると、「キャスト全員、希望のメンバーで集められた幸せなパターン。キャストが決まってから、脚本の坂元(裕二)さんと一人ひとりをあて書きしていきました」。旬なキャスト6人に期待したいこと、キャスティングの理由、彼らの素顔を聞いた。

 主人公の音は、夢や才能を抑え込み生きてきた、ひたむきな女性。「この女優が演じれば、視聴者の方に『音に幸せになってほしい』と必ず応援してもらえるはず」として選んだのは、今最も旬な女優・有村だ。「今の有村さんには、ずっとこの子を見ていたいって思わせる、そんなオーラを感じます。目が離せない。一時期に一人いるかいないかの存在ですね」。もう一人の主人公は、自分のことより人のこと、優しくて真面目な青年・練。演じるのは、民放連ドラ初主演の高良。「今回のあて書きに特にハマってるのが高良さん。彼が持ってる朴訥で優しい感じを生かしたキャラクターが練です。高良さんは、本当に真面目でストイック。役に対して真摯に考えてくれています。役って、役者が演じながら育っていくものだと思うので、高良さんと練が混じり合っていくのがすごく楽しみ」。

 そんな2人の恋愛に、大きな軸となって関わってくるのが、練の恋人・木穂子(高畑)と、音に近づくチャラそうな御曹司・朝陽(西島)だ。実力派といえる2人が初の月9でどう暴れるのか、期待が高まる。「今回の高畑さんは、いつもの元気で明るいキャラクターではなく、女っぽくて大人っぽい、高畑充希のパブリックイメージとは真逆をいく感じです。本人は『坂元さんはいつも私を病んだ女で書く』なんて言っていたけど、彼女は坂元ワールドの体現者の一人なんです。西島さんは、みんなが月9に待ってた人材だと思う。カッコイイだけじゃなくて、色気もあるし、一見チャラチャラしてそうで根は真面目ってところは朝陽と同じ。圧倒的な演技力もあるので、初めての月9で西島隆弘を見せつけてほしいですね」。

 そしてもう2人、練の友人として登場し、実はキーパーソンにもなっていく重要な役どころには、15年、ドラマに映画に引っ張りだこの活躍を見せた森川と坂口。「森川さんは、6人のなかでも一人だけ違う空気を感じますね。なんか不思議な存在感。この物語のなかではみんなをかき回す役ですが、どこか異質な雰囲気をどう役に生かしてくれるか楽しみです。描かれる5年の中で大きく変わるキャラクターでもあるので注目を。坂口(健太郎)さんは、今ではもう大ブレイクで。カッコイイだけじゃなくて、彼はものすごい頭がよくて、考えてることも深いんです。見た目だけの人ではない。人気はまだまだ出てくると思います。お芝居はまだ経験がたくさんあるわけじゃないけど、殻を破って面白い演技を見せてくれると思う。期待大です」。

 「以前に比べてドラマで数字が取れない時代ということもあり、もっと気軽に観れるものを作っていこうという風潮があるなかで、あえてちゃんとテレビの前に座ってじっくり観られるドラマを作ろうと思ってます。誰かを好きになって、幸せな気持ちになったり、悲しい気持ちになったり、恋愛が持ってるいろんな感情を丁寧に描いていけたら」。

村瀬健(むらせ・けん)
フジテレビ所属のドラマプロデューサー。
「BOSS」(09年)、「SUMMER NUDE」(13年)、「信長協奏曲」(14年)など。

<番組情報>
「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」
1/18(月)スタート
フジ/カンテレ系 毎週月後9時~9時54分(初回15分拡大)

*TVstation1/4(月)発売号より「いつ恋」の短期集中連載がスタート!!