テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

高橋みなみ「劇場が原点」AKB48 劇場10 周年

十周年_4S19204-2 2005年12/8のオープンから10年。2015年の同日に、東京・秋葉原のAKB48劇場にて、10周年特別記念公演が行われた。公演前には周年記念日の恒例となった、劇場のシンボルである二本柱にAKB48カラーのテープを巻き、10周年の節目を迎えた。

あいさつB43_0022

  公演の幕が上がり、AKB48現役メンバー119人がそろうなか、グループ総監督の高橋みなみがあいさつ。
「皆さんと今日この日を迎えられたことを、本当にうれしく思っています。10年前の12月8日、私たちAKB48はこの劇場でスタートを切りました。幕が開いた時、お客さんは7人で、ステージの(メンバーの)方が多かったことを鮮明に覚えています。あれから10年、たくさんのメンバーがこの劇場のステージでメンバーとしてのスタートを切り、そしてファンの皆さまに育てていただきながら、今日この日を迎えています。劇場公演は私たちの原点です。公演回数も気付けば3871回となりました。毎日毎日の積み重ね、会いにいけるアイドルは今日この日も皆さんと共に劇場の幕を開けたいと思います。今日は皆さん、一緒に楽しみましょう!」

 横山由依キャプテンのチームAがトップバッターを務め、AKB48現5チーム(A、K、B、4、8)それぞれのパフォーマンス。高橋みなみがセンターを務める新曲「唇にBe My Babyも披露された。10年前に劇場公演が開演した後7時が近づき、公演中にカウントダウンを実施。1年前から劇場に設置され、丸10年の瞬間に向けて時を刻んできた時計が“0”となり、メンバーはジャンプして10周年を喜んだ。1期生の峯岸みなみは「予想以上に感動してます」、高橋みなみは「10年間ここにいられていることがうれしい」と感慨深げ。そんな2人に対し、同じ1期生の小嶋陽菜は「びっくりするくらい5分前と変化ないですね(笑)」と。こじはる節が飛び出し、会場は笑いに包まれた。

カウントダウンAJE_0446

 カウントダウンが終わると、中盤は劇場公演の記念すべき1曲目「PARTYが始まるよ」からスタート。「Dear my teacher」「毒リンゴを食べさせて」と10年前のオープニングを飾った楽曲に続き、卒業メンバーが参加。宮澤佐江・大島優子らの「ごめんねジュエル」、大和田南那・小嶋真子・板野友美の「ツンデレ」、松井珠理奈・篠田麻里子らの「Confession」などユニット曲を披露。高橋みなみは前田敦子と前田のソロ曲「右肩」をデュエット。高橋が感極まる一幕も。ユニット曲は1~3期生、川栄李奈が歌う「夕陽を見ているか?」で締めくくられ、さらに現役メンバー×卒業メンバーで「フライングゲット」「大声ダイヤモンド」「ヘビーローテーション」などAKB48のヒットシングルも聴かせてくれた。

右肩_4S20927

一期生_4S21058

フライングゲットAJE_0748

  グループ総監督の「継承式」も行われ、高橋みなみから、この日12/8が誕生日の横山由依にバトンタッチ。2人がサインした調印書をその場でマスコミにFAXした。23歳の始まりが総監督のスタートとなった横山由依は決意表明を。

調印式B43_3374

「先日行われたAKB48劇場オープン10周年祭で、改めてAKB48は先輩メンバーとファンの方々が作り上げてくれたものなんだなと感じました。そこで私が思ったことがあります。AKB48のライバルはAKB48です。その時に一番思ったのは、私たちが越えなければいけない壁は、今までのAKB48なんじゃないかなと思いました。本当はうまくしゃべれるタイプではないし、不安なんですけれども、今ここで宣言させてください。初期のメンバーの方たちが作ってくださったAKB48の歴史に負けないくらい、もっとすごい新しいAKB48をメンバーと一緒に作っていきたいなと思います。10年後、皆さんがこのグループを応援してよかったなと思っていただけるようなグループでいられるように、力を合わせて頑張っていきます。だから皆さんにお願いします。これからもAKB48グループの応援をしてください。私たちのことを支えてください。そして、私たちのレジェンドファンになってください。ファンの皆さんと一緒なら、この先10年、また夢を見続けていられるのかなと思うので、応援をよろしくお願いします」

 そんな横山に、高橋みなみからは「由依らしい(総監督の)形をみつけてください。決して一人じゃないこともわかってほしい」というエールと、“総監督”のトレードマークでもある拡声器が贈られた。

 現役メンバーと卒業メンバーが勢ぞろいし「あなたがいてくれたから」を披露し、高橋みなみがメッセージを。
「今日、こうしてこの日を迎えられるのも、ファンの皆さん、今いるメンバーがいてくれるからです。この場所があるということが、私たちにとってどれだけ人生の財産だろうと。一歩このグループを離れてみれば、たくさん恵まれていて、たくさんの人に愛されていたということに気付かされました。私も卒業する身ですが、残ったメンバーには新しいAKB48の物語をつないでいってほしいなと思います。これからも新しくなる48グループの応援を、皆さんこれからもよろしくお願いします」

桜の花びらたちAJE_1012

 最後は、本公演には出演しなかったものの劇場に駆けつけた卒業生たちも参加し、全員のよる「桜の花びらたち」の歌唱で締めくくられた。

●セットリスト

0. Overture

1. Pioneer(横山チームA)

2. 最終ベルが鳴る(峯岸チームK)

3. 初日(木﨑チームB)

4. 夢を死なせるわけにいかない(高橋朱里チーム4)

5. 47の素敵な街へ(チーム8)

6. 唇にBe my baby

7. PARTYが始まるよ

8. Dear my teacher

9. 毒リンゴを食べさせて

10. ごめんねジュエル

11. 口移しのチョコレート

12. ツンデレ

13. Bird

14. Confession

15. 愛しきナターシャ

16. パジャマドライブ

17. ハート型ウイルス

18. 右肩

19. 夕陽を見ているか?

20. フライングゲット

21. 大声ダイヤモンド

22. 言い訳Maybe

23. ヘビーローテーション

24. あなたがいてくれたから

25. 桜の花びらたち

©AKS