テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

RADWIMPS野田「僕に人生にとってかけがえのない作品になった」

toilet

 ロックバンド・RADWIMPSのフロントマン、野田洋次郎が俳優に初挑戦し、初主演した6/6(土)公開の映画『トイレのピエタ』のプレミア上映会が開催。野田をはじめ、ヒロインの杉咲花ほか、リリー・フランキー、市川紗椰、松永大司監督が出席した。

 野田は「僕に人生にとってかけがえのない作品になりました。この場に立ち会えて本当にうれしいです」と万感の思いを口に。「僕自身、人前で歌ってはいるんですけど、この世界と関わるのがうまくない人間でして。そういう僕にとって、この映画の脚本は、すごく救いになったんです。『自分と同じ人間がいるんだな、この世界には』って思えたり……。そういう人に僕はいっつも救われている。それがこの映画にはいっぱい詰まっているような気がして。何でもいいから関わりたいなと思いました」と出演理由を語った。

 ヒロインの杉咲花は、オーディションでたびたび監督の泣かされたことを告白。「でも、監督が自分と対等に向き合ってくれている感じがうれしかった。毎回オーディションが終わると『あぁ、楽しかった』って思っていました」と振り返った。

 出演理由を聞かれたリリー・フランキーは、「脚本が面白いなと思って。監督にも興味があったし、主役の洋次郎くんがやっているバンドの……クレイジーケンバンドでしたっけ? バンドにも興味がありましたので」と。ジョーク交じりに返答し会場の笑いを誘うリリーに、「(バンド名)違います(笑)」と野田がツッコむ一幕もあった。

 「僕が撮影していて、リリーさんと洋次郎が待っている間、本当に2人が楽しそうなんですよ」と監督。野田も「杉咲花が現場にいると、みんながお父さんのようになるっていう瞬間が訪れて。市川もお母さんみたいになってたもんね」と明かし、「大好きなんです。ずっと見てました」と市川も笑顔で返答。和やかな現場の様子をうかがわせた。

 また、野田は自身が手掛けた主題歌にも言及。「この映画は、僕が想像していたよりもはるかにすごい経験でした。共演者の方や監督からもらうエネルギーだったり、ストーリーからもらったものがあまりにも愛おしくなってしまって。それがなくないうちに曲に落としもう、ちゃんと残したいなと思って作りました。僕は音楽を持っているんだということがうれしくなりました」と。

 最後に「初めて映画に出ると決めたあの時の直感は、間違いじゃなかったなって、今、強く強く思っています」と野田。そして、「ぜひ、何度でも足を運んでほしい」とメッセージを送った。