テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

「GTO」7/29(火)第4話のメイン生徒は演技初挑戦のGENERATIONS片寄涼太

 「GTO」(フジ/関テレ系 毎週火後10時~10時54分)、7/29(火)放送の第4話は、バスケ部の元エース・桐谷(片寄涼太)が、父親と自分の関係が“養子縁組”だと知って父親を拒絶し、非行に走ってしまうというストーリー。鬼塚(AKIRA)は親子の心をつなごうと奮闘するが、とんでもないトラブルに巻き込まれてしまう。

GTO

 第4話でフィーチャーされるのは、今回、演技初挑戦となるAKIRAの後輩GENERATIONSのヴォーカル・片寄涼太。
 初の演技で大変だったことについて片寄は、「桐谷が荒れていたり、不良と絡んだりしているシーンや、鬼塚と一緒に和気あいあいとバスケをするなど、色んな感情のシーンを一日でいっぺんに撮ったんです。ドラマはそういうものだと分かってはいたつもりですが、実際にやってみると、シーンごとに感情が異なるのが大変で、難しかったです」と撮影を振り返った。

 そんな片寄を陰ながら支えたのは、やはり先輩のAKIRA。
 撮影の合間には「撮影後、何回かAKIRAさんの車に乗せていただいて一緒に帰ったんです。その道中ずっと“ここは思いっきりぶつかっていった方がいいよね”、“ここで激しくなるから、その前はあまり激しくいかない方がいいんじゃないかな”など、全体の流れを考えて波を作っていくようにアドバイスをいただきました。また、一緒にセリフを合わせてくださったり、助けていただきました。「お前、今日のあのシーン良かったね」って言ってくださったりもして、それがすごく励みになったんです。憧れの先輩にそう言ってもらえて、めちゃくちゃうれしかったです!」と語り、撮影の秘話を明かした。

 それに対してAKIRAは、「ヴォーカリストとして頑張っていると思うのですが、今回の『GTO』で俳優として新たな一歩を踏み出しました。アーティスト業と俳優の現場は、きっと違うと思うので、他の役者以上に、撮影以外の部分でも勉強していかないと追いついていかないと思いますし、(視聴者の方に)伝わりづらいと思いますので、そういうところは、一緒の仲間として思いを共有しながら、共演できればと思います。感性もいいので、片寄なら(桐谷役を)かましてくれると思います」と厳しくも優しい、激励の言葉を送った。

 また片寄は、養子縁組という難しいテーマにまつわる役どころを演じたことについて、「大人には小さく感じることも、子どもにとっては大きな問題なんだと思い、だからこそ等身大の桐谷の気持ちになって描かないと、と思って演じました。シーンごとに込められた思いを自分なりに考えて、桐谷の感情になれるよう努めています。また、セリフひとつひとつに表れる桐谷の性格や考え方をくみ取って、僕なりの“桐谷像”を作っています」とドラマに込めた熱い思いを語った。

 初演技ならではの初々しい片寄に注目が集まる。