テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

超豪華舞台俳優による人気ドラマシリーズの最終章がいよいよ明日スタート!「REAL⇔FAKE Final Stage」メンバーSPインタビュー

舞台を中心に活躍中の超豪華俳優陣が共演するオリジナルドラマ「REAL⇔FAKE」シリーズ。2019年9月にスタートし、昨年6月にはシリーズ2作目が、そして2023年1月、ついにシリーズ最終章となる「REAL⇔FAKE Final Stage」が放送される。 

1月10日(火)の放送開始に向けて、ドラマ1期・2期に出演の荒牧慶彦さん、植田圭輔さん、佐藤流司さん、松村龍之介さん、和田雅成さん、猪野広樹さん、染谷俊之さん、そして今作からの新キャスト・定本楓馬さん、小西詠斗さんの9人にお話を伺いました。

 スクリーンショット 2023-01-11 181247

 

――シリーズ最終章となる「REAL⇔FAKE Final Stage」。撮影が始まってみていかがでしょうか?

 

荒牧 「REAL⇔FAKE」をやってきたメンバーは昔から共演も多く知った仲なので、シリーズの1も2も、楽しく和気あいあいと撮影させてもらっていました。このファイナルでも今まで以上に、より和気あいあいと撮影がスタートしています。楽しいです。

 

植田 シリーズ最後なんですけど、最後っていうことをそんなに意識せず、ちゃんとやることはやって、ふざける時はふざけて。そういうメリハリが効いた感じなので、居心地がいいなと思いながら撮影を楽しませていただいています。

 

佐藤 翔琉個人で言えば、結構クライマックスのところから撮らせてもらっていて、今日やっとStellar CROWNSの日常を描いたシーンを撮っています。そこをやった時に、なんというかやっぱり安心感があるなと思った。すごく伸び伸びと芝居できてるかなと思います。

 

松村 先ほどお三方が言っていた通り、本当に撮影の合間でさえ楽しくて。もちろんお芝居も楽しいんですけど、本当に心から楽しい現場だなと改めて認識できました。またこうしてファイナルを撮影できる喜びを噛みしめながら、日々撮影しています。

 

和田 待ち時間とかでいつも通り仲良くしゃべったりしているように、カメラが回った時にもその感覚でしゃべれています。セリフはあるんですけど、今回は一番リアルなところが出せてるんじゃないかと思います。

 

染谷 「REAL⇔FAKE」は、年に1回くらい関わらせていただいていて。クランクインのたびに、このメンバーでできるのがすごく楽しいなと思いつつ、今回は全員泊まり込みでやってるので、さらに楽しく撮影できてるんじゃないかなと思います。出来上がりを楽しみにしてください。

 

――今作から登場される、定本さんと小西さんはいかがでしょうか?

 

定本 知ってる方がたくさんいる「REAL⇔FAKE」ですけど、シリーズ最後のファイナルステージに参加できてすごくうれしいです。タイトルの通り“リアル”と“フェイク”がすごくあるので楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。そこを意識して皆さんと作品を作っていけたらなと思います。

 

小西 「REAL⇔FAKE」に今回から参加させていただいていますが、すごくうれしいし、ありがたいです。業界のトップランナーの方や大先輩ばかりなので、たくさんお勉強させていただきながら、食らいついていくぞという気持ちでやらせていただいています。

 スクリーンショット 2023-01-11 181428

 

――今作の台本を読んだ感想を教えてください

 

荒牧 今回、凪沙がちょっとした思いを抱えたり悩んだり、翔琉と一緒にモヤモヤするところがあるんですけど、そういう部分で今まで見せてこなかった凪沙の一面が見せられるんじゃないかなと思います。

 

植田 これまでで一番ミステリーだなと思いました。いろんなことがめまぐるしく起こっていく中で、みんながいろんな思いを抱えながら疑心暗鬼になって、自問自答して……。そういうのが流れで見えているのかな、と思いました。

 

佐藤 翔琉、今回は戦わないんだ?って思いました(笑)。翔琉は今回、いつもと違うポジションにいるんです。なので台本を読んだ時に“こういう一面もあるんだ”っていうところがあったり。でも、翔琉らしさもある。今まで話してこなかった翔琉の心の内がポロっと出る瞬間があって、“鈴木翔琉っていいやつだな”って思いましたね。

 

松村 翔琉が戦わないのと一緒で、“今回、英語しゃべらないんだ?”と思いました(笑)。単純にシーズン1も2でもなかった、同じ場所にみんなが一堂に会して……っていう、新しいシチュエーションがあって。そこで生まれるドラマもあるんだろうなって、すごく楽しみでした。

 

和田 征行は変わらず本当に真っすぐで。今回は、征行が金田一みたいなポジションでどんどん事件を解決していく……じゃないですけど、追及していくって感じです。

スクリーンショット 2023-01-11 181614

 

猪野 前作ではいろいろ戦って、今作ではこんな事件が起こって。“大丈夫か?Stellar CROWNS”って思いました。心配です、応援してください(笑)。

 

染谷 これは広樹(猪野)と話してたんですけど、シリーズ1でも結構いろんなことあって“物騒だな”って。2でも“あぁ、物騒だな”。ファイナルくらいはせめて平和に終わりたいなと思ったら“物騒だな”っていう感じでした(笑)。

 スクリーンショット 2023-01-11 181805

 

定本 まさか、こんな事件が起きるなんて、と思いながら読み進めていたんですけど、ファイナルステージということで、本当にみんなの絆の深まりを感じて。みんなで話しているシーンのなかで、こういうことがあったんだなって思いながら見ていたので、応援してくださったお客さんが沁みるような話になっていくんじゃないかなと思いました。

 

 

――役を演じているうえで大切にしていることはありますか?

 

荒牧 劇中で守屋がカメラを回すシーンがあるんですけど、基本的にカメラが回っている時は元気に演じて、カメラが回っていない時は、征行には心を開いてるので、ほかのメンバーとはちょっと違う面を見せたりとか。そういう細かい部分は大事にしていきたいなと思っています。

 

植田 せっかく1と2とやらせていただいたので、そのやってきたことを踏まえながら演じています。翔琉とかにはもう、ほころびの部分を見せていたりとか、何か乗り越えた部分もあるので、そういうのを越えた後っていうのをなんとなく頭に置きながらやってます。

 

佐藤 人の話を聞いたり、逆に自分がしゃべったりする時に、意味がない時は人の目を見ないようにしています。翔琉って何かそういうイメージ。そこを意識しています。

 

松村 俯瞰で見ることと、冷静でいること。念頭に置いているのは、一歩引いた状態でやろうというところです。

 

和田 僕はメンバーを信じるところ、ですかね。

 

染谷 メンバーと一線を引くことかなって思っています。ASTRA RINGでもないし、Stellar CROWNSでもないし。1,2を経て愛着もあるし、ファイナルステージですし。朱音(蒼井翔太)との絆も大事にしたいなって思って演じています。

 

小西 お坊ちゃん感だったり、ちょっとイラっとするようなお芝居だったり、物語をややこしくするようなお芝居ができたらいいなと思っています。

 

 

 

――新キャラクターとして、ご自身が演じる役に対する印象を教えてください

 

定本 今回は撮影スタッフ役。今まで僕のお仕事で関わってきた職業だったので、スタッフさんの仕事姿を見ると、やっぱりすごいことをやっているなっていうのをあらためて感じました。常日ごろ、動きとかを観察しながら勉強しています。

 

小西 僕は最初、こんなにすごいペンションのオーナーなんてなかなかいないと思うので、結構難しい設定の役だなと思ったんです。この役をどう演じていこうか……って不安になることが多かったのですが、僕なりにお坊ちゃん感を出したらいいのかなとか、ヘラヘラした方が面白くなるのかなとか、たくさん考えました。

 

 

 

――ファイナルステージで、特に注目してほしいポイントは?

 

染谷 結構サスペンス的に物語が進んでいくので、見返した時に「だからこの人はこういう仕草してたんだ」っていうのを何回でも楽しんでいただけるんじゃないかなと思います。細かいところまで注目して楽しんでいただけるんじゃないかな。

 

全員 いいですね~、仕事できるなぁ!

 

染谷 35なんで、今年(笑)。

 

和田 俺が言ったことにできないかな……。

 

佐藤 全員で言った、みたいに書いてほしいです。

 

全員 (笑)それいいね! あはは!

 

 

――ありがとうございました!

 

 

 

【ドラマ情報】

 

ドラマイズム「REAL FAKE Final Stage 」

 

2023年1月10日(火)スタート

 

MBS 毎週(火)深0時59分

TBS 毎週(火)深1時28分

 

出演:

荒牧慶彦 植田圭輔 佐藤流司 松村龍之介 和田雅成 (※五十音順)

猪野広樹 笹森裕貴 ・ 定本楓馬 小西詠斗 谷口賢志 

染谷俊之 / 蒼井翔太 ほか

 

 

 

【あらすじ】

 

 クイーンレコード・朱音社長(蒼井翔太)の下で、活動する“Stellar CROWNS(ステラクラウンズ)”が慰安旅行で、山奥にある一軒の洋館に訪れていた。5人の様子をファンクラブ用に撮影をすると、ディレクターの守屋(染谷俊之)も一緒に来ていた。ただの旅行だと思っていたメンバーは不満げだが、束の間の休暇にメンバーで一緒に居られる時間を楽しんでいた。が、ただ一人、牧野凪沙(荒牧慶彦)の表情は曇っていた。リーダーの征行(和田雅成)は心配して声をかけるが、「何でもない」とはぐらかされてしまう。そんな中、メンバーだけの貸し切りのはずの洋館にある男がやって来る。予約していたと言い張るその男は、貸し切りだと言っても一歩も引かず、1泊だけ泊めてくれ、と。渋々、従業員用の部屋に案内することになった―。

そしてその夜、Stellar CROWNSはチームに分かれて、肝試しをすることになったが、そんな中“とある事件”が起こり―。山奥にある一軒の洋館で起こった事件…犯人はこの中にいる―!?「REAL⇔FAKE」シリーズ史上、最大のミステリーが幕を開ける―。