テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

阿部サダヲの究極の二択に、玉森裕太「いい質問ですね!」映画『シャイロックの子供たち』完成披露舞台挨拶【会見リポート】

☆IMG_2600

 2月17日(金)公開の映画『シャイロックの子供たち』の完成披露舞台挨拶が開催され、阿部サダヲ、上戸彩、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、柳葉敏郎、杉本哲太、佐藤隆太、柄本明、佐々木蔵之介、本木克英監督が登壇した。

☆IMG_2492

 池井戸潤の小説を映画化。冒頭の挨拶で、阿部は「初めてお客様に見せるということで、すごく緊張します。どういう感想をお聞きできるのか楽しみ」、上戸は「こんなにたくさんの皆さんにお会いできる機会が最近なかったので、今ここに立てていることとお会いできたことを嬉しい」とコメント。玉森は「素晴らしい世界観にどっぷりと浸かっていただければ」と話した。

☆IMG_2553
 撮影は1年3ヶ月前で、キャストが集結するのは久しぶり。阿部は「本当に久しぶりですよね?明けましておはようございます(笑)。本当に久しぶりだから、緊張しますよね?」と緊張気味。錚々たる顔ぶれに、玉森は「僕としては、この世界観に入れて一緒にお芝居ができたということで、すごく感動的な時間でした」と感激の様子で撮影を振り返った。

IMG_2312

 本作のキャッチコピー「金か、魂か。」にちなんで、究極の二択を出演者が出題。1人目の阿部は「最初は軽めに…」と恐縮しながら【ロフトかハンズか】という二択を出すと、会場からは笑いと同時に拍手が。阿部の「どっちか迷わないですか?」と問いかけに、玉森は「いい質問ですね」とニコリ。玉森の「『コレ買うだったらこっち』とかあるんですか?」という質問に、阿部が「文具とかだったらロフトじゃないですか?」と回答すると、上戸は「え~嘘?文具だとハンズじゃないです?」と思わぬところでトークが盛り上がり。「そういうのがやりたかったの~!」と喜ぶ阿部を、柳葉が「おい!誰か止めろ!(笑)」と一蹴し、会場は笑いに包まれた。

☆IMG_2344☆IMG_2398

 2人目の上戸は「鍋のシーズンなので」と、締めは【雑炊かうどんか】という二択を提示し、会場と出演者が挙手で選択しながら盛り上がり。その盛り上がりを受け、続く玉森は「3番目の質問じゃないかも…」と恐る恐る【一生下着脱げないか、一生靴下脱げないか】という二択を出すと、出演者から「え?」「何を言ってるの?」「悩む~とかならないから!」と矢継ぎ早にツッコミが。「僕、質問の趣旨違います?」と玉森は焦りながら「洗えないなら、ということにします?」と譲歩案を提示。佐々木は「答えなあかんの?(笑)パンツは履いておきますわ」、佐藤「ん?ん?」となりながら「スニーカーが好きなので、パンツを脱ぎましょうか」と困りながらも回答。柄本は「考えたことない」とズバリ。阿部は玉森に「…どうした?(笑)」と問いかけると「究極の二択って言われたので、めちゃめちゃ考えたらここにたどり着いたんですよ!」と玉森はタジタジになりながら答えた。

☆IMG_2431☆IMG_2447

 柳葉は趣味の草野球と作品に掛けて【表か裏か】、酒好きの杉本は健康診断のことを考え【酒か数値か】と二択を提示。佐藤は「好きなものなので、日々悩まされている」と【麺大盛りか、ライスか】とラーメン屋で悩む選択を投げかけ。「お客さんは共感してくれるはず、分かる方?」と会場に投げかけるも、手があまり上がらず「あんまいないんだ。引っ込めます!」と勢いよく引き下がり。すると上戸が「隆太くんは餃子とかでライスにいくんですか?それともスープと一緒に?」と食いつき、佐藤が「優しい!ありがとう」と返し、会場は笑いに。「私は即答で麺大盛り派です!」と答えた上戸に、玉森も「僕も麺大盛り派です。麺一択でお願いします!」と回答。

☆IMG_2508

 すると柄本は「これは究極の二択でしょ?」と【生きるべきか、死ぬべきか】という究極の二択を提示。「みんなふざけてるよね~!ロフトかハンズかとか、酒か数値かとかって、ダメだよ!」と一蹴し、会場からは笑いが。そんな柄本に続いて、佐々木が「出せないな…」と小声でつぶやきながら【風呂か、ビールか】という二択。風呂とビールの選択について熱く語る佐々木に、阿部が「さっき控室で言っていた【分譲か賃貸か】の方が面白かったですよ」とツッコみ。玉森は「僕はそんなにお酒を飲まないから分からない部分でもあるんですけど、ビールだけで言ったらお風呂の前と後どっちがおいしいんですか?」と質問すると、佐々木は「どっちも美味しいね!」と答え、会場は再び笑いに包まれた。

☆IMG_2526

 最後の本木監督が出した二択は【コンゲーム(騙し合い)か人間ドラマか】「この作品の脚本化は難しかったんですよ。僕は人間ドラマだと捉えて監督したんですが、最近の取材で池井戸さんに『コンゲーム、騙し合いのエンターテイメントだよ』と言われて。私の捉え方は間違っていたとここで言わなければいけない(笑)」とまさかの告白。「これだけの俳優さんで出来上がって、僕も見て面白かったので、こういう映画も有りかなと」と答える本木監督に、上戸は「いろんな角度から楽しめる作品で、皆さんも『あの時どうだったかな』と思い出しながら、何回も見てもらえたら」と、作品への自信を見せた。

 最後は阿部が「銀行とかメガバンクとか出てきて『堅い話かな』と思われるかもしれませんが、そんなことなく、見やすくて分かりやすい騙し合いの映画で、皆さんワクワクしながら2時間見られると思いますので、ぜひ楽しんください」とアピールした。

 映画『シャイロックの子供たち』は2月17日(金)全国公開。