テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

King & Prince・岸優太が元愛犬と恋に!?1月期シンドラ「すきすきワンワン!」放送

 2023年1月、日テレのシンドラ主演が岸優太(King & Prince)、タイトルは「すきすきワンワン!」に決定。

すきすきワンワン!1報
 岸が演じる雪井炬太郎は、夢もなく、欲もない人生諦めモードの26歳男子。いったん勤めた会社もなんとなく辞めてしまい自堕落な生活を送っていた。

 そんな“クズ”を地で行く彼の前に「僕はあなたの元飼い犬・てんです!」と名乗る謎の男・木ノ宮が現れる。そもそもスピリチュアルなことは一切信じない、その手のことは鳥肌が立つほど嫌いだし、どこをどう見ても普通の人間のこの男が、あの元愛犬“てん”なわけがない。なぜかひとり感動し距離を縮めてくる木ノ宮を拒もうと試みるが、木ノ宮は『宝物の首輪』『小さかった頃の思い出』『てんにだけ話した悩み事』など、てんにしかわからないモノやコトをずばずばと言い当てる・・・。

 「こいつ、まさか本当に…!?」徐々に信じざるを得なくなっていく炬太郎。

 そんな炬太郎の複雑な胸中は置いてきぼりに木ノ宮は、元飼い主との再会に感動し、「あの頃の輝いていたご主人様に戻ってほしい!」「僕はあなたの為ならなんでも出来る!」「ご褒美に撫でてください!」「なんなら一緒にお風呂入ろう!」と、シッポを振るように興奮し、やたらとおせっかいと、強すぎるスキンシップをかけてくる。

 最初こそ鬱陶しがった炬太郎だったが、自分の為にひた向きに尽くす“木ノ宮”てんに、溶かされ、癒され、しまいには心奪われていき…!?

 この物語はいまどきの26才クズ男が昔飼っていた最愛の犬と再会し、愛し愛され成長していく感動の物語である。

【キャストコメント】

雪井 炬太郎:岸 優太(King & Prince)
「俺の人生のピークは小5!」
人生諦めモード、かつネガティブ思考の“クズ男”。
てんは小学校時代に(8才~12才の間・2004~2008)飼っていた犬。
幼少期は野球を頑張ったものの、そこそこの大学を出て、そこそこの会社に就職、すべてイマイチなスペックである。
そのせいか「1日3,000円もあれば食っていけるっしょ」という居直りに近い考えで会社も辞めてしまい、
現在は無職。親の残した一軒家(借家・月の地代が一万円)に住み、空き部屋を貸すことでなんとか生活を維持している。
夢もない、欲もない、自信もない、かといって焦ってもいない。「俺のことはほっておいてくれ」と言うものの、
実は……誰よりも愛を求めている……? ある日突然押しかけてきた「元飼い犬」と言い張るてんとの同居生活で、
何かが変わっていく……。

岸コメント>
 連続ドラマ単独初主演という事で「ついに来たか!」と凄く嬉しかったです。僕が演じる雪井炬太郎は、職なし、彼女なし、やる気なしのクズ男ですが、役と共に少しずつ成長できるように頑張りたいです!ただ何より、元愛犬で人間の生まれ変わりと恋に落ちる、という設定がとにかく面白いので、2人の距離感だったり、「顔ぺろぺろして~」と言われた時のリアクションだったり、台本上『見つめるタイム』と書かれているお芝居だったり、人と元愛犬だからこその絡みを楽しんでいただけたら嬉しいです。そして、その元愛犬役が一体誰なのかも是非予想してみてください!
 人生諦めモードの26歳クズ男が、人間に生まれ変わった元愛犬と愛を育みながら、すこーしずつ成長していきます!笑ったり感動したりしながら、実は皆さんの人生に問いかける深~い物語になっていますので、是非ご覧ください!!

 シンドラ「すきすきワンワン!」は、2023年1月より日テレで放送。

 ©NTV・J Storm