テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

生田「制服デートを楽しんでほしい」 高橋「僕がアドバイスをいただきたい」 “人生の先輩”たちからのユニークなアドバイスに芦田愛菜たじたじ?映画『メタモルフォーゼの縁側』舞台あいさつで、芦田へのバースデーサプライズ!

映画『メタモルフォ―ゼの縁側』の公開記念舞台あいさつが行われ、芦田愛菜、宮本信子、高橋恭平(なにわ男子)らが登壇。

IMG_3095

作品上映後の舞台あいさつということで、会場やSNSに寄せられた感想が伝えられるトークコーナーが行われ、「(芦田演じる主人公)うららの走るシーンが印象的でした」という声に、芦田は「走るシーンは自分でも意識しました。走るにも理由があるんじゃないかと思って。うれしくなって走っていたり、その場から逃げ出したくなって走っていたり……」とシーンの解説を。

狩山監督からは「走るのがめちゃくちゃ速くて、テストの時にカメラが追えなかった(笑)」というエピソードも明かされた。

IMG_3026

また、イベントでは、6月23日に18歳の誕生日を迎える芦田に、サプライズとして巨大バースデーケーキが登場。

IMG_3039

芦田はまったく予想していなかったようで、笑顔で「本当にありがとうございます! すごくうれしいです!」と感激した様子を何度も見せた。

晴れて新成人となる芦田へ、“人生の先輩”である共演者たちがメッセージやアドバイスが送られることに。

狩山俊輔監督は「お忙しいとは思うんですけど、映画の中にも『フラフラできる時はフラフラしときな』っていうセリフがあるように、フラフラしてもいいんじゃないかなと思います」、生田智子は「現役の高校生でもある愛菜ちゃんなので、お友達との楽しい時間を作っていただきたいです。制服デートとかもしてほしいですね。私はできなかったので(笑)」とアドバイスを。

続く高橋は「愛菜ちゃんおめでとございます。僕はアドバイスをするというよりはアドバイスをいただきたいですね。僕は勉強が苦手なので、いい勉強法があれば教えていただきたいです」と逆アドバイスを求め、芦田は「えぇー!(笑)」とびっくり。

芦田の「私は口に出して覚えるのが好きで、セリフとかも口に出して覚えます」という回答に、高橋は「僕も家に帰って声に出して覚えたいと思います」と満足気な表情を見せた。

IMG_3073

また、高橋は18歳の時は「めちゃめちゃ寝てました」といい、「今は、勉強をもっとやっておけばよかったって思います。人生1度きりなので、悔いのないように過ごしてください」と芦田へメッセージを送り、芦田も「悔いのないように過ごします(笑)!」と答え、拍手に包まれた。

映画『メタモルフォーゼの縁側』は全国で公開中。