テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

髙地優吾「家族で大ファン」という「特捜9」にゲスト出演!井ノ原も「ピッタリの役」と絶賛【コメント付き】

★リリース用_DSC03099

 井ノ原快彦主演ドラマ「特捜9 season5」(テレ朝系、毎週水曜後9時~)。3話にSixTONESの髙地優吾がゲスト出演することが発表された。

 今回、髙地が演じるのは、殺害された著名な演出家の男性が手掛ける舞台の、主演オーディションの最終選考まで残っている若き舞台俳優・白羽行人。一本芯が通り、ウソのつけない性格がゆえに、たびたび周囲と衝突。煙たがられる一面もあるが、バイトに励みながら役者道をまい進するなど、演技にかける思いは並々ならぬものを持つ。しかし、生粋の一匹狼な気質が災いし、容疑者として怪しまれて…!? そして、なぜか特捜班の矢沢英明(田口浩正)から、気にかけられる存在に。演出家不在のまま、主演俳優発表の会見が…はたして、行人は主演に選ばれるのか?

 過去に「家政夫のミタゾノ 第4シリーズ」(2020年/テレビ朝日)へのゲスト出演をはじめ、ドラマ、映画、舞台にと、確かな実績を積んできた髙地。髙地の父親が前身ドラマである「警視庁捜査一課9係」の頃からのファンで、彼も父親と一緒に放送を見続けていたという。ゲスト出演が決まった時は「髙地家にとって一番の喜びになる!」と、親孝行も視野に入れ準備してきたが、反対にファンだからこそ「父親からのダメ出しもすごそう」と複雑な心境も吐露。そんな髙地を井ノ原もたくましく見ていたようで「行人は“動ける人”でないと演じられないと思っていましたが、髙地くんが扮すると聞いて、ピッタリだなと思いました」と回想した。今回は、井ノ原が指摘する「“動ける人”でないと演じられない」というコメントの所以でもある、アクロバティックな殺陣のシーンも用意! 髙地の切れのあるアクションにも注目。
 
【井ノ原快彦コメント】
髙地くんとは、これまでそれほど深い付き合いはありませんでしたが、テレビを見ての印象だと、SixTONESってセクシーで、若干“夜”っぽいイメージがあったんですね。その中でも彼は、どちらかというと、さわやかで“昼”の雰囲気があるというか…。僕も雰囲気は“朝か昼”の人間なんで(笑)、そういう意味で注目していたんです。
 今回、行人という役を誰が演じるのか、ギリギリまで聞かされていなかったのですが、 髙地くんだと知って、ピッタリだなと思いました。彼は俳優向きだと勝手に思っていましたし、今回の行人役は動ける人じゃないと演じられないですから。難しい役だと思いますよ。
現場では特に声をかけるようなことはしませんでした。自由に伸び伸びやってほしかったし、そもそも、僕が合流した時には、すでに一役者として現場に溶け込んでいましたから。遠くから頼もしく見ていましたね。
 今回、行人は、田口さん扮する特捜班メンバーの矢沢刑事と心のつながりを深めていきます。ふたりの関係性がどのように変化していくのか、楽しみにしていてください!

【髙地優吾コメント】
井ノ原さんは、カウントダウンのライブなどではお見かけしたことはもちろんあるのですが、あまり深く接する機会はありませんでした。ですので、視聴者の皆さんとほとんど同じ視線で「優しい大先輩」といったイメージを抱き続けていました。今回、ゲスト出演させていただいてご一緒できることは素直に嬉しかったですね。そして、『特捜9』に出ることが決まって、もうひとつ嬉しかったのは、実は僕の父親が『警視庁捜査一課9係』のころからの大ファンでして…僕も父親と一緒に放送をずっと見ていたんです。そういった作品に携われるのは本当に光栄ですし、今回のゲスト出演は髙地家にとって一番の喜びになるのではないでしょうか(笑)。父親も必ずドラマを見ると思いますが、筋金入りのファンだけに、ダメ出しされないかが心配ですね(笑)。
 すでに『season5』まで続いているドラマですから、いわば“出来上がっている”雰囲気のところに入る恐怖心があったんですが、現場を知るマネージャーさんから「あったかいチームだから大丈夫!」と聞いていまして…実際に、キャストさんとスタッフさんのチームワークが見事でしたし、撮影のスピード感も、ほかの現場とは明らかに違いました。とても、新鮮な気持ちで挑めましたし、非常に楽しく撮影できましたね
僕が演じる行人は一匹狼の気質を持つ男です。師匠のような演出家の方に対して、その人が今まで築いてきたものから、新しい時代に塗り替えたいと思い、強い意思を示す際の行人の葛藤であったり、彼の芯の通った生き方であったりというのは、今の若い方にもきっと響いて、楽しんでいただけると思っています。犯人捜しとあわせて、そのあたりもぜひ見ていただければ嬉しいです!

【第3話あらすじ】
特捜班に新たに配属となった高尾由真(深川麻衣)が出勤した早々、殺人事件が発生。浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班メンバーとの挨拶もそこそこに、捜査が始まる。
 被害者は著名な舞台演出家・獅子山伊吹(石垣佑磨)で、何者かに首を絞められて殺害されたようだ。しかし、首に残る索条痕は、少し特殊な形状で…?関係者の話によると、獅子山は自身が作・演出・主演を務めた舞台の再演となる『令和義経伝』の公演が間近で、主演を決めるオーディションも佳境に入っていたそう。最終選考に残っている若手俳優は藤山葵(佐久間悠)、満島諒太(小西貴大)、そして白羽行人(髙地優吾)の3人だが、寡黙だった獅子山は、誰を選ぶのかは周囲に伝えていなかったそうで…。しかも、3人には事件当日にアリバイが。しかし、矢沢英明(田口浩正)はなぜか、「あんな奴がなんで最終まで残ったのか疑問」とほかのふたりから疎まれ、アルバイトをしながら役者を続ける苦労人の白羽のことが気になって…。
 一方で、国木田班長(中村梅雀)と小宮山志保(羽田美智子)は、獅子山の実家である和菓子店に聞き込みを。現在は、獅子山の実兄が継いでいる老舗だが、兄弟間の関係は芳しくなく、まさに“源義経と源頼朝”の様相で…!?また、青柳靖(吹越満)らは、被害者の手帳にあった住所に出向くが、そこは違法なカジノバーだった。獅子山は闇カジノの常連!? やがて、カジノに出入りする獅子山の写真が本人宛に送られてきており、脅迫されていたことも発覚! まさか獅子山殺害は、カジノにまつわる借金なども関係しているのか…?
 そんな中、『令和義経伝』の義経役がついに記者会見で発表されるとのニュースが! はたして、義経役は誰の手に? 

【番組情報】
特捜9 season5
テレビ朝日系 毎週水曜 後9時~9時54分

動画配信プラットフォーム「TELASA(テラサ)」では、
『特捜9』過去シーズン&スペシャルドラマも配信中。
https://navi.telasa.jp/tokusou9/