テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

「安倍晴明には三宅健のパーソナリティを持ち込めるのではないか」林翔太は三宅にラブコールも!舞台『陰陽師 生成り姫』製作発表会見

IMG_0251

 2/22(火)~東京、京都で上演される舞台『陰陽師 生成り姫』の製作発表記者会見が開かれ、三宅健、音月桂、林翔太、木場勝己、脚本のマキノノゾミ、演出の鈴木裕美が登壇した。

IMG_0215

 夢枕獏の小説「陰陽師」が原作の今作。主役の安倍晴明を演じる三宅は「これまでいろいろな方が演じられてきて、演じることが光栄であると同時にプレッシャーもあります。自分にしかできない安倍晴明を演じたい」と意気込んだ。

 源博雅を演じる林は「誰もが知っている作品に携われることにうれしさもありますが、中でも自分がジャニーズ事務所に入るきっかけとなった三宅健くんと一緒にお芝居をさせていただけることが光栄。この幸せを噛み締めながら千秋楽まで走り抜けたい」と三宅との共演に対する喜びを全開にコメント。さらに演出の鈴木が「清明と博雅の関係性は、ドラえもんとのび太のよう」と例えたことを受け、林は「まず僕が健くんのことを大好きなので!」と満面の笑顔でラブコール。「そう言っていただけることはうれしいですよ」と三宅も微笑んだ。また稽古場での三宅については「表現の幅や引き出しの数が多くて、すごく勉強になります」と絶賛した。

IMG_0216 (2)

 清明とライバル関係にある蘆屋道満を演じる木場は、三宅の印象を聞かれ「美しい!」と一言。徳子姫を演じる音月も「ポスターの三宅さんを見て『(美しすぎて)やばい!負けてしまう!』と焦りました」と絶賛。清明の美しさをどう役作りするか問われた三宅は「実際に(清明が)美しかったかなんて分からないですよね?(笑)」と冗談を交えつつ「平安時代の宮中の空気、においみたいなものをどう纏えるかは試行錯誤しているところ」と語った。

 さらに脚本のマキノが「舞台は映像と違って常に全身が見られるので、原作の清明像とギリギリせめぎ合いながら『クールな清明が苦しむところを見たい』など心情の葛藤みたいなものを持ち込まないといけないと考えていた」と舞台ならではのこだわりを解説。三宅は「裕美さんの演出というだけで、すでに苦しんでいます(笑)」と今作で4回目のタッグを組む鈴木についてコメント。一方の鈴木は「安倍晴明という役では、三宅健のパーソナリティーを持ち込めんでいけるんじゃないかなと話しています。あまり大きい声で言えないですが、感じの悪いところがあるじゃないですか」とズバっと言うと、すかさず三宅から「失礼だな!(笑)」とツッコみが。「ハラハラするような物言いをすることがあるけど、人のことをちゃんと思っていてハートは温かい。そういうところは使えそう」と鈴木が補足すると、「世間様のパブリックイメージの中に私が失礼ぶっこいているところもあると思いますが、それはすべてエンターテインメントですから(笑)。本来の私ではないとお見知りおきを」と三宅がユーモアたっぷりに返答。すると木場から「私は気が小さいんです。稽古場で時々三宅くんがガン飛ばしてるんですよ。本当は優しいんだと思いますが、時々怖いです(笑)」と稽古場での様子を暴露され、三宅が爆笑する一幕も。座組の関係性の強さをうかがわせた。

 舞台『陰陽師 生成り姫』は、2/22(火)~3/12(土)に東京・新橋演舞場、3/18(金)~3/24(木)に京都・南座で上演。