テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

豊川悦司×中村倫也が型破りなバディに! アマプラのオリジナル連ドラ「No Activity/本日も異状なし」が12/17㊎より配信決定

©2021 Amazon Content Services LLC

©2021 Amazon Content Services LLC

 

 Amazon Originalドラマ「No Activity/本日も異状なし」が、12/17㊎よりプライム会員向けに独占配信されることが決定。併せて、キービジュアルと特報映像も解禁となった。

「No Activity/本日も異状なし」は、Amazon Prime Videoだからこそ実現した、豪華なキャスト&スタッフ陣でおくる、新感覚のコメディ刑事ドラマ。出世を諦めた万年ヒラ刑事の時田信吾(ときた・しんご)と、人たらしな新米刑事・椎名遊(しいな・あそぶ)のバディが、麻薬捜査の張り込み中に巻き起こす、ありえないような騒動を描く。

 主人公・時田を演じるのは、豊川悦司。敏腕刑事のように見えて、実は昇進とは無縁の警視庁のお荷物刑事で、捜査の現場でもやる気を見せず、謎の迷言を次々と繰り出しながら人を煙に巻いていく。そんなダメ刑事だが、何故か憎めない人間味あふれるキャラクターだ。そして、時田とバディを組むことになる椎名遊を、中村倫也が演じる。自動車学校の教官から警察に転職してきた異色の新人刑事・椎名は、聞き上手で人たらしな一面を持っており、ベテラン刑事の時田もつい本音を漏らしてしまうほど。椎名のお陰で時田の愛すべきダメさ加減は一層加速していく。

 監督には、映画『ヒロイン失格』(15年)や大人気シリーズ『賭ケグルイ』の実写映画、若者を中心に大ヒットした『東京リベンジャーズ』(21年)でメガホンを取った英勉監督。そして、脚本は、映画『甘いお酒でうがい』(20年)、映画『美人が婚活してみたら』(19年)や、ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(21年)の脚本を務めた、シソンヌのじろうが担当する。

■豊川悦司 コメント
「じろうさんの脚本がとても面白く、セリフ一つ一つに説得力がありました。相方が中村倫也さんだったこともあり、とても楽しそうな企画でぜひ参加したいと思いました。登場人物たちのユーモアあふれる掛け合いを楽しんでください」

■中村倫也 コメント
「刑事ドラマなのにほぼワンシチュエーションの設定で、どうしようもない会話だけで物語が進んでいくという日本では珍しい作品だと思います。この作品であれば楽しそうなことできるなと思いました。豊川さん演じる時田とのちょっと変わったバディ感を楽しんでください」

■英勉監督 コメント
「じろうさんが苦労して書かれた脚本が素晴らしく面白かったです。俳優陣の演技も素晴らしいので、これまでにない刑事ドラマに仕上がっていると思います。ぜひご期待ください」

■シソンヌじろう コメント
「豪華なキャストの方々に出演していただけることを知った時、“とんでもない案件に関わってしまった…”、と畏れおののきました。個性の強いキャラクターたちの会話劇を、監督がどのように仕上げてくれたのかが楽しみでなりません」

■Amazonスタジオ アジアパシフィックの責任者(エリカ・ノース) コメント
「『No Activity/本日も異状なし』は、見ていてワクワクする斬新な刑事ドラマです。人気・実力ともにあるキャスト陣と、今最も注目を集めているスタッフと共に本作に命を吹き込み、皆様にお届けできることを光栄に思います。個性あふれる登場人物と彼らが繰り広げるユーモラスなやり取り、予想外の物語を是非お楽しみください」

 

 日本を代表する俳優陣と、今をにぎわすスタッフが手を組んで誕生した本作。これまで見たことの無いような型破りな新感覚刑事ドラマ「No Activity/本日も異状なし」は、12/17㊎Prime Videoにて独占配信。

■『No Activity/本日も異状なし』

2021年12/17㊎よりPrime Videoにて独占配信(本編6話一挙配信)
 
出演/豊川悦司、中村倫也ほか
監督/英勉
脚本/じろう(シソンヌ)

特報映像