テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

「RISKY」萩原みのり&宮近海斗SPインタビュー「アイドルとは違う僕の一面を見ていただけたら」

スクリーンショット 2021-03-25 16.25.04

3/25(木)にMBSほかでスタートする“ゾクキュン”ラブサスペンスの「RISKY」。

最愛の姉を亡くし復讐劇を企む主人公・広瀬ひなたを演じる萩原みのりさんと、謎多き青年・浅井光汰を演じる宮近海斗さん(Travis Japan/ジャニーズJr.)にお話を伺いました。

 

 

––––出演が決まって、周囲の反応はいかがでしたか?

 

宮近 僕は(グループでの活動の)リハーサル中に話を聞いたので、Travis Japanのメンバーに詳しい内容は言わずに軽く共有したら「また決まったの?」みたいな感じでした。その後ちゃんと(ラブシーンなどがあることを)伝えたら高校生みたいなリアクションしてましたね。松田元太や中村海人は「え、マジー!?」って鼻の下伸ばしてました(笑)。僕は「まぁまぁそうだけど」って感情を隠しながら言いましたけど。(吉澤)閑也は、なんかよくわかんない表情してました。

 

 萩原 私は初めて地上波での主演をやらせていただくんですが、ずっと昔からお世話になっているスタッフさんや監督さんからたくさん連絡をもらって「ちゃんと進んでるな」とか「頑張ってるな、楽しみにしてるよ」っていう言葉をたくさんいただいて、すごくうれしかったです。

 

 

––––お2人がそれぞれ印象に残っているシーンはありますか?

 

萩原 原作の漫画(「RISKY~復讐は罪の味~」)を読んだ時に、好きなシーンだらけでページをめくる手が止まりませんでした。普段、原作がある作品の実写化をやらせてもらう時は、好きなコマや印象的だったシーンに付箋を貼っていくんですけど、付箋だらけになって。どのシーンもどの表情も、自分が演じてみるのが楽しみでしかなかったです。

“リスキみ”がある、とスタッフさんが言っていた、これぞ“ザ・RISKY”っていうようなカットがたくさんあるのですが、そのシーンを演じるのも楽しいです。「絶対許さない」という時の表情だったり、「黒田美香(山下リオ)」「桜井亨(古川雄輝)」とフルネームで呼ぶシーンはめっちゃ気持ちを込めました。“あの時読んだ、あの漫画の、あの表情”を超えたいなと思いながら撮影に挑んでいます。

 

宮近 原作の光汰にはキラーワードというか印象に残るワードがいくつかあるんですが、そこまでのシーンに繋げていく作業が楽しいです。そのセリフが出るまでにどのような感情の起伏があったのかとか、そういったところを大事にしたくて。きっと原作を読んだ方にも印象に残っているシーンがあると思いますが、だからこそ、そういったシーンへの繋がりや過程を大事にしたいな、って思っています。そういう作業は難しいですが、挑戦できるので楽しいです。自分が台本を読んで想像したシーンに監督のアドバイスも加わって、より一層表情とか気持ちが印象に残るようなシーンになったかな、と思います。完成した映像を自分も楽しみにしていますし、皆さんにも楽しみにしていてもらいたいです。

 

 

––––お2人の共演の感想は?

 

萩原 宮近さんは、ずーっとニコニコしてるっていう印象です。いつも楽しそうです、すごく。

 

宮近 萩原さんは、僕よりはニコニコしてないですね(笑)。顔合わせの時とかディスカッションの時に、台本の読み方とか素晴らしいなって思いました。僕は今まで同世代の俳優さんってあんまり共演したことがなかったのですが、台本を読んで噛み砕いた上で、自分のプランとかをお話しされてる姿を見て、俳優さんってすごいなとあらためてリスペクトしました。萩原さんの背中を見て頑張ります。

 

 

––––撮影現場の雰囲気はどのような感じですか?

 

宮近 先ほどニコニコしていると言っていただいたんですけど、なんだか楽しくて。撮影の時もリラックスしてる……とまではいかないですけど、「RISKY」の現場がリラックスできるので何でも楽しくなっちゃうんです。先日の撮影で、すごく寒かった日があるんですけど、「なんかすっごい寒いなぁ」って面白くなってきちゃったり。キャストさんやスタッフさんとコミュニケーションを取ったりして、僕的にはすごく居心地が良いです。その居心地の良さが作品にもプラスになっていて、僕は固くならずにすごく良い感じでできてると思っています。

 

萩原 このドラマは漫画の原作ありきではあるけど、人間が演じる時の違和感をなくすというか、「漫画だからこうだよね」じゃなくて「実際に人間がやるとこの方がいいよね」っていう話し合いを監督と細かくできているので、それはすごくいいな、と思います。

 

 

––––それぞれの役を演じるうえで意識されてることは?

 

宮近 すごくキレイな映像を撮っていただいているんですが、そのロケーションも考慮して浅井光汰を演じています。監督から「もうちょっとこの部分が欲しい」とかも言っていただけるので、それに僕なりに乗っかって。1秒1秒キレイな映像になるようにしてくださってるので、監督に預けながら自分でも演じています。

 

萩原 私は亨の前にいるひなたと、そのほかの場面でのひなたの違いみたいなものは、かなり気を付けています。騙しているモードの時と、居心地の良い時、っていうのを、見てくださる方が一目でパッとわかるような違いが出るといいな。

 

 

––––「RISKY」は“ゾクキュン”な作品ですが、最近ゾッとした出来事は?

 

宮近 取材で「笑顔を作ってください」とか「笑ってください、明るい表情で」とかリクエストをいただいて、自分なりのスマイルをするんですけど、写真を見返した時に自分は笑ってるはずなのに何だか笑ってないんです。スマイルが下手になってるな、と……。うまく笑えなくなっていて、年なのかな? いろんなものを見て、笑顔って、笑うってなんだろうって考えようと思いました。

 

萩原 私はゾッとしたというか驚いたことなんですけど、初めて山下リオさんとお会いした時に全く同じステッカーを携帯に貼っていてびっくりしました。共通の友達がいて、その友達が個人的に作っているステッカーなんですけど、本当にたまたま共通の友達がいたこともその場で知って。今までそのステッカーをつけている人を見たことがなかったので、本当にびっくりしてそれがきっかけで仲良くなりました。

 

 

––––撮影中のハプニングや裏話を教えてください

 

萩原 先日一緒に撮影したシーンが春の設定で。私がノースリーブで宮近さんが半袖だったんですけど、ここ最近にしては珍しいくらい寒くて。しかも爆風が吹いていて本番中に震えを止めることができないくらい寒くて、あれはさすがに大ハプニングでした。

 

宮近 萩原さんと僕の掛け合いだったんですけど、風のせいで萩原さんの髪の毛が目にかかって目線を隠した犯人のようになってました(笑)。

 

萩原 めちゃくちゃ良い回想シーンだったんですけど、雰囲気もないシーンになってしまって(笑)。

 

宮近 放送がどうなっているのか、震えは止まっているのか……(笑)。

 

 

––––「RISKY」という作品を通して楽しみにしているところは?

 

萩原 1作品の中で、私はいろんな表情を出させていただいたり、いろんなことに挑戦させていただけているので、そこは自分自身にとっての挑戦です。そこを楽しんで見てもらえたらいいな、と思います。

 

宮近 光汰自身も作品の中でいろんな面を出しているんですが、「RISKY」は宮近海斗としても、いつもとは違う一面があることを披露できる場でもあると思っています。普段アイドルとして活動していますが、これまでとは違った一面を見せることで自分が一皮むけられると思っているので、そういったところを見ていただけたら。作品の中で、もがくというのは楽しいです。いろんな活動をしている中で「役者してるんだ」って思えることは自分にとって自信になるし、うれしい。光汰を演じることは難しいですが、もがきながら作り上げることできっと印象にも残るし、見てくださる方にも伝わると思う。そういった部分は自分で乗り越えて、これからの自信に繋げたいなと思っています。

 

 

 

【ドラマ情報】

3/25(木)スタート

「RISKY」

MBSほか 毎週(木)深0時59分~

 

◾️原作

たちばな梓「RISKY~復讐は罪の味~」(めちゃコミックオリジナル)

 

◾️出演

萩原みのり

宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)

山下リオ

深川麻衣

古川雄輝

 

◾️公式SNS

Twitter:@risky_drama

Instagram:risky_drama

 

◾️公式HP

https://www.mbs.jp/risky/

 

@「RISKY」製作委員会・MBS