テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

加藤シゲアキ主演舞台 レトロモダンな全キャスト発表

【モダンボーイズ】ビジュアル1 NEWSの加藤シゲアキ主演舞台『モダンボーイズ』のビジュアルが到着。さらに、レトロモダンで個性豊かな全キャストが発表された。

 

【モダンボーイズ】ビジュアル2<左から>1列目:加藤シゲアキ、山崎樹範、武田玲奈/2列目:坂口涼太郎、溝口琢矢、松田賢二/3列目:きづき、伴美奈子、羽子田洋子/4列目:加藤虎ノ介、神保悟志、大鷹明良/5列目:清瀬ひかり、紺崎真紀、橋本菜摘、大川亜耶、須田拓未

 

 『モダンボーイズ』は、1994年に都政施行50周年記念公演として上演された、幻の名作ともいわれる青春群像劇。舞台は日中戦争直前、浅草のレビュー小屋。プロレタリア革命を志す学生で、ひょんなことから“浅草エフリィ”という芸名でレビューの人気者となった加藤シゲアキ演じる矢萩奏が、小屋の座付き作家と出会ったことにより、生きる居場所を見つけ、自分にしかできない革命を見出していく物語だ。

 

 矢萩の未来を導くレビュー小屋の座付き作家・菊谷栄に山崎樹範、スター女優を目指し一座にやってくる若月夢子に武田玲奈、さらに、坂口涼太郎、溝口琢矢、松田賢二、きづき、加藤虎ノ介、神保悟志、大鷹明良ら、若手からベテランまで個性豊かなキャストが揃った。

 新たに公開されたビジュアルは、古き良き時代のレビューのポスターを思い起こさせるレトロなデザイン。令和のいま、撮影されたとは思えない!? その出来栄えに、どこか懐かしくも温かさを感じられるビジュアルとなっている。

 

 何のために、なぜ生きるのか? 自分に何ができるのか?大戦前夜の不穏な時代に、革命を信じ社会運動に身を投じていた若者と、舞台で輝かしいエンターテインメントをつくろうと闘い続けた役者や劇作家たち。舞台こそが生きる場所だと信じ、闘い、仲間をみつけた若者をめぐる青春群像劇が、いまによみがえる。

 

【公演概要】

『モダンボーイズ』

作:横内謙介

演:一色隆司

出演:加藤シゲアキ / 山崎樹範 武田玲奈 坂口涼太郎 溝口琢矢 松田賢二 きづき 伴美奈子 羽子田洋子 清瀬ひかり 紺崎真紀 橋本菜摘 大川亜耶 須田拓未 /加藤虎ノ介 神保悟志 大鷹明良

 

【東京公演】

日程:2021年4月3日(土)~16日(金) 

会場:新国立劇場 中劇場

チケット料金:S席13,000円 A席9,000円[全席指定・税込]

              U-25チケット6,000円(観劇時25歳以下対象、要身分証明証、当日指定席券引換/チケットぴあにて前売販売のみの取扱い)

チケット発売日:2021年3月6日(土)

 

【大阪公演】      

日程:2021年4月28日(水)~30日(金) 

会場:COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール

チケット料金:13,000円[全席指定・税込]

チケット発売日:2021年3月6日(土)

 

【公式サイト】

https://stage.parco.jp/