テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

キスマイ玉森が待ち焦がれるのは運命の人!?『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』の会見で「ザワザワさせちゃおうかな」

ボス恋会見(小)

 女優の上白石萌音が主演するTBS/MBS系ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(12日スタート・後10時~)の制作会見が7日、都内で行われた。

「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」はファッション雑誌編集部を舞台に、主人公・奈未(上白石)がドSな鬼編集長・麗子(菜々緒)や、運命的な出会いをする子犬系男子・潤之介(玉森裕太/Kis-My-Ft2)に振り回されながらも、恋と仕事に懸命に立ち向かい、成長していく胸キュンお仕事&ラブコメディ。

会見には上白石、菜々緒、玉森のほか、共演する間宮祥太朗、ユースケ・サンタマリア、亜生(ミキ)、久保田紗友が出席した。

 

 会見では「恋」がひとつのテーマとなっている本作にかけて、「今年こそ“来い!”と思っているもの」をキャスト陣がフリップに書いて披露する場面も。

 上白石が「春」、菜々緒が「ユースケさんの適当さ」、と答えたのに続き、玉森は「運命の人」と回答。

「今年こそ、というわけでもないですが、ドラマでも運命的な出会いがポイントなので、“いつかそういう人よ来い!”と。ちょっとザワザワさせちゃおうかな」といたずらっぽく笑った。

 間宮は「阪神タイガースの優勝」を熱く語り、これまでの回答を「リアルすぎる」と辛辣に評価していたユースケは「CM(2~3本)」と回答し、会場を笑わせた。

 

 上白石は「今日この会見で感じていただけたかもしれませんが、本当にステキなチームで、明日も早く現場に行きたいな、と思えるくらい大好きです。なのでこの優しさやほっこりした感じが画面を通して皆さんに伝わるといいな、と思います。大変な時代ですが、ただ楽しんでもらえる1時間を、毎週火曜日にお届けできるように頑張りたいです」と笑顔で意気込みを語った。