テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

『劇場版BEM』公開記念舞台挨拶で宮田俊哉の師匠・浪川大輔からのサプライズに感激「いつかアニメで一緒にできたら」

 『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』の公開記念舞台挨拶が、10月9日(金)に東京・新宿バルト9で開催。内田真礼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、山寺宏一が登壇。

BEM10.9_3shot
 宮田は「僕もこの劇場に見にきて、真ん中の上の方で見てたんです。ゲスト声優として初めて携わらせてもらって、アニメから自分の声が聞こえてくるのが恥ずかしくて。一人で顔を覆ってました(笑)」と恥ずかしそうに告白。その後観客に「ちゃんと作品の一部になれてましたか?」と呼びかけると、観客席から大きな拍手が送られた。

 山寺は「まず、無事に公開されたこと、うれしく思います。今年はドームツアーの予定だったんですけど……」とボケると、宮田が「それキスマイです」とツッコむ一幕も。

DSC_8476

 内田は劇場版の結末について「ソニアはここまで人間側の主人公だったので、まさか、その感情で交差するとは……。最後の『はい』は、『プロポーズを受け取る感じで言ってください』と(監督から)言われたので、衝撃を受けました。妖怪人間と人間の道に、一つの正解が描けたのかなという気がして、幸せなようなもどかしいような気持ちです」と語った。

DSC_8489
 さらに、アニメ声優初挑戦の宮田の演技について内田は「最初、P Vで声を聞いて、上手でびっくりしたんです。ナチュラルに『BEM』の世界に馴染んでらっしゃって。軽薄なバージェスを、真面目で誠実な宮田さんが演じているということは、本当に勉強されたんだなと」と絶賛。山寺からも「バージェスのあのノリって、難しいと思うんです。裏にいろんなものを抱えていて。でも、明るさと二面性を出していて、素晴らしかった」と称賛されると、宮田はうれしそうに笑顔を浮かべた。

DSC_8478
 また宮田は、内田のアフレコを見学に訪れたことを明かし、「本物の“まれいたそ”(内田のあだ名)だ!って感じだったんですけど、アフレコを見たら『この人はプロだ、職人だ』と。完成してない絵から読み取る情報量が多くて、こんなことまで考えてるんだと思ったら、“まれいたそ”とか言ってる場合じゃない」とコメント。一方の内田は「先輩がたくさんいらっしゃる現場で、水樹奈々さんと一緒に収録させてもらったんです。負けないよう気合が入ってたので、そう見えていたのならうれしいです」と笑顔に。

 この日、宮田が収録の前にレッスンを受けたという声優の浪川大輔からの手紙が、サプライズで披露された。「宮田くんは、常に真面目で素直で好奇心が旺盛で、そして笑顔がかわいい! アフレコにとって、キャラクターを生かすことは大事なことです。まさに自我を消すこと。これは難しいのですが、宮田くんの本気のアニメ愛で難なくクリア。吸収力がすごかった。その取り組む姿勢にこちらが、たくさんのことを教えてもらいました」と称賛が。師匠からの手紙に宮田は「去年の12月ごろ、キスマイも忙しい時期だったので、わがままを言って23時からレッスンをしていただいたりしたんですが、『いいよ、いいよ』と夜中まで色々教えてくださって。いつか師匠ともアニメで一緒にできたらうれしいと思ってましたが、コメントをいただけて。ありがとうございます」とコメント。そんな宮田の言葉に、山寺は「こんな売れっ子が、そこまでやるなんて。そんな話、聞いたことがない」と、真摯な姿勢に驚嘆。宮田は「『宮田がいない方がいい』と言われるくらいなら、無理してでも作品の一部にならないと嫌だったので」と照れ笑いを。

DSC_8467
 最後に宮田が「皆さんが劇場で観てくださることがうれしいし、スタッフさん、内田さんや山寺さんが良かったと言ってくださることが、本当に幸せです。あとはこの『BEM』という作品が大ヒットして、もっともっと日本中のみんなが見てくれたら何より幸せです!」とアピールし、舞台挨拶を終えた。

 『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』は、新宿バルト9他で公開中。