テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

「半沢直樹」初の朗読劇が開幕! 尾上松也「作品に関われて改めて光栄」

 TBS系で放送中の日曜劇場「半沢直樹」。その“感謝の恩返し企画”として、 9 / 12 (土)、9 / 13 (日)の 2 日間限定で「感謝の恩返しスペシャル企画 朗読劇『半沢直樹』」を開催。本イベントはドラマ「半沢直樹」の奔走に先駆け、今年2 月〜 3月にTBSラジオで放送された「TBSラジオ オリジナルドラマ 『半沢直樹』 敗れし者の物語 by AudioMovie™ 」で描かれた「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画。ラジオとのコラボで実現した、「半沢直樹」の世界観を声で届けるエンターテインメントに、出演者が生朗読するという舞台演出が重なった、オリジナルストーリーの特別企画だ。

WEB-SHU_0441 9/12(土)昼公演では、東京セントラル証券に出向していた半沢から、粉飾を暴かれ倍返しを受けた、電脳雑伎集団の副社長・平山美幸(南野陽子)と社長・平山一正(土田英生)夫妻のその後を描く土田の脚本の「黒い二人の日記帳」を上演。「半沢直樹」での美幸の印象深いシーンの映像なども盛り込みながら、夫婦がつけていたそれぞれの日記を基に、人間味のある物語を届けた。

  また、電脳雑伎集団が買収しようとしていたIT企業・スパイラル。その社長・瀬名洋介(尾上松也)をだまそうとした大洋証券の広重多加夫(山崎銀之丞)のアナザーストーリーを描いた「繰り返される時・・・」を、松也、山崎で上演。広重が倍返しにあったシーンを象徴的に見せながら、ユーモラスながらも人情味のあるストーリーをみせ、会場を沸かせた。

 WEB-SHU_0759 上演後は、TBSラジオ「伊集院光とらじおと」から、伊集院光さんも加わり、キャスト陣がトークを展開。朗読劇の脚本も手掛けた土田は、「(このような朗読劇ができるのは)作品の懐の深さがあってこそ」と改めて作品の魅力に言及。松也も「『半沢直樹』に関われたことを改めて光栄に思った」と。また、半沢の敵役で登場した市川猿之助や香川照之らの演技に、「(歌舞伎役者の)先輩方が思いきりやっているのを見て、“チクショー”と思った(笑)。どアップの顔芸をしたい。1話を試写で見た時に、やっている本人たちも爆笑していた(笑)」と明かし、山崎も「歌舞伎ですよね、ほぼ」と“半沢歌舞伎”に同感していた。

  「半沢直樹」でどの役を演じたいか聞かれた南野は、「やっぱり美幸がいいです。コロナ禍の時期もずっと抱えていた役で、誰にも譲りたくないという思いになった」と。ゲストの伊集院光は、「情報を遮断するのがこんなに難しい番組はない。『昨日の“半沢”見た?』という声を隣で聞くぐらい、街で話題にしているコンテンツってすごい!」と絶賛していた。

 公演は明日9/13(日)も開催。イープラス「Streaming+」で配信される。 

公演チケット発売中 https://www.tbs.co.jp/event/hanzawa_naoki/