テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

7/7(火)スタート、TBS系ドラマ「私の家政夫ナギサさん」多部未華子&大森南朋&瀬戸康史の最新コメントが到着!

わたナギ_取材会代表カットWEB TBS系火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」が、7/7(火)からいよいよスタート! 製薬会社のMRで仕事はできるけれど家事が苦手な主人公・相原メイを演じる多部未華子さん、スーパー“おじさん”家政夫としてメイをサポートする鴫野ナギサ役の大森南朋さん、外資系製薬会社の優秀なMRでメイの強敵なライバルとなる田所優太役・瀬戸康史さんから最新のメッセージが到着しました。

——第1話をごらんになって、どんな感想をお持ちですか?

瀬戸 多部さんが演じているメイには完璧じゃないところがあって、手を差し伸べたくなるし、支えたくなるというか、男の本能みたいなものを感じました。メイとナギサさんのシーンも可愛らしくて、2人の掛け合いを見ていると気持ちがほっこりします。

多部 大森さんって普段現場でおしゃべりする時はそんなふうに思わないのに、1話を見て思ったのは、すごく“おじさん”なんです! それだけナギサさんに成り切っているんだと思いますし、ちゃんとおじさんに見えるのがすごいなあと……。 

大森 いやいや、本質的におじさんなんですよ。普通の状態だと。

多部 そうですか?(笑) でも、それがいいなと思ったので、ギャップですかね。

大森 (笑)。でも本当に1話からテンポ感がよくて。いろんな出来事が起こっているこのご時世の中で、ポップに描かれていて、すごく楽しめました。

——現場で印象的なエピソードはありますか? 多部さんが瀬戸さんの雨男ぶりに困っているというエピソードがテレビ番組で語られていましたが。

多部 本当に、今年は梅雨にやられてますね。

瀬戸 僕のせいではないですよ!(笑)

大森 (笑)。印象的だったのは、メイちゃんのお母さん役の草刈民代さんが大事なシーンを演じられている時、グッとお芝居に入られている姿に、僕らも緊張しちゃって。でも、終わった瞬間の草刈さんの解放のされ方が、本当に躍り出しそうなくらいで、すごくかわいらしかったですね。

——メイが働く天保山製薬には個性的なメンバーが揃っていますが、現場はどんな雰囲気ですか?

多部 現場にいると丸一日おしゃべりしていると思うくらい盛り上がってます。(ハナコの)岡部さんの「旅行に行くならどこにいきたい?」っていうお話で盛り上がったりとか、「30代はお肌の曲がり角……」っていう話題になったりとか(笑)。全員ほのぼのとしているから、他愛のない話をしながら、楽しく1日が終わるっていう感じです。

大森 僕はひとりのシーンが多いので、うらやましいです(笑)。みんなでおしゃべりして盛り上がっているのっていいですね。

——初回放送が、7/7(火)の七夕ということで、願いごとをお聞かせいただけますか?

多部 それはもう、皆さんにこのドラマを見てほしいですね!

大森 世の中で大変なことが起きているので、早く落ち着くといいなと思っています。

瀬戸 僕は、雨が早く止んでくれるといいなと思います(笑)。

——最後に、ドラマを楽しみにしている皆さまへメッセージを。

瀬戸 いろんな登場人物が出てくるので、新感覚でもありますし、どこかほっこりするような作品だと思います。皆さん、こういう世の中に不安な気持ちで毎日を過ごされていると思いますが、この作品を観て明日からも頑張ろうと思ってもらえたらうれしいです。

大森 笑いながら見て楽しめるドラマだと思います。多分、僕のコメディの一面も開花している作品だと思いますので(笑)、お楽しみいただけたら。

多部 こういった、ほのぼのとしたキャストでお送りしております(笑)。ドラマのなかで大きい事件が起きるわけではないけど、ハラハラはするけど楽しい“ハラハラ”ですし、世代を問わず楽しく見ていただけるドラマだと思いますので、毎週の楽しみとして、皆さんの息抜きになればと思います。

取材・文/吉田有希、本誌編集部

●番組情報
7/7(火)スタート
火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」
TBS/MBS系 毎週(火)後10時~10時57分(初回は15分拡大、後10時~11時12分)

わたナギ#1_3WEBわたナギ#1_4web