テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

TBS「東大王」鈴木光、紀野紗良、岡本沙紀の蔵出しコメントをお届け!

東大王ガールズ

 TVstation14号では、人気クイズ番組の解答者やMC、スタッフに取材を敢行! その魅力に迫る特集「クイズバラエティの世界」を掲載。TBS「東大王」に出演する鈴木光さん、紀野紗良さん、岡本沙紀さんにご登場いただきました! 本誌未公開トークをWEBでお楽しみください!

 ―東大生の皆さんは、大学の勉強もありますし、苦手な分野もあるかと思いますが、普段からクイズに向けた知識をインプットしたり、対策はしているのですか? 

鈴木 知識クイズは問題のジャンルが幅広いですし、知識をつけなくてはいけないところが多いので、基本的なところから知識をつけるようにしています。

紀野 私は早押しが苦手なので、早押しの勘を鋭くするためにアプリを使ったり、友人と積極的に対戦したりしています。対策することで早押しの勘やスピードは上がったかなって思っています。

岡本 「グーグルアース」を使って、どんどんズームインして世界遺産を当てるというような特殊な問題も多いので、「東大王」は個別の対策が必要です。私はもともと固有名詞を覚えるのがあまり得意ではないので、いろいろ調べてみたり本を読むことで、そこで得た知識をノートに蓄積したりして、自分がどこまで調べたら覚えられるのかをしっかり把握して、それをなるべく楽しく、興味が持てる方向で努力してます。

鈴木 知識を仕入れるのは、一つの気分転換として楽しみながらやっているところも多いです。あと、新しいラウンドができたら、すぐさま「このあたりが問われるだろうな」というのを、自分であたりをつけて強化するということはいつもやっています。

共演者の方との忘れがたいエピソード、また印象に残っている言葉などがあれば教えてください。

鈴木 私は伊沢拓司さん、鶴崎修功さん、水上颯さんに、クイズを通して育てていただいたという意識が強くて。「こういった問題はこのタイミングで押すんだよ」とか「こういった考え方や糸口で解いていくんだよ」とか、コツやテクニックをたくさん教えていただいた。3人は強いだけあって教え方もお上手ですし、鍛えていただいたなって思います。早押し問題で初めて12人抜きをしたときも、収録が始まる直前に、水上さんから「今日は(解答者に)だれだれさんがくるから早めに押した方がいいよ」「こういうときは焦らずに待っていいんだよ」と教えていただいたので、とても心強かったです。 

岡本 高校3年生の時に「東大王」に出演させていただいて。早押しで伊沢さんと対戦したのですが、気持ちよく負けさせていただいたんです。伊沢さんが得意な音楽問題だったのですが、遅く押しても大丈夫だろうという押し方ではなく、完璧なタイミングで正当に私を負かしてくれた後に、「これは問題が、俺の当たりだったよね~」って言ってくださって。気持ちのいい負け方だったので、とても印象に残っています。負けた相手が「これは勝てないわ~」って潔く言えるっていうのは「東大王」ならでは。いい意味で相手をコテンパンにする美学があるんじゃないかと思いましたね。

紀野 水上さんから収録後に、「こういうタイプの問題はよく出るから覚えておいた方がいいよ」とか、「このジャンルに関しては難しい問題は、僕や鶴崎さんに任せた方がいいよ」とか、必ずアドバイスをいただけるので、次の収録時に生かすことができるのは、とても心強かったです。

――解答者の中で、負けたくないな、やっぱりすごいなと思うのはどなたですか?

鈴木 1対1で勝てることがなかなかないし、全然敵わないですけど、私は伊沢さんに勝ちたいなって言うのは自分のモチベーションとしてあります。競技クイズの大先輩で、私の師匠ですし。(3月の)水上さん卒業回の時に、伊沢さんと当たった時はものすごくうれしかったので、その機会を増やせるように頑張っていきたいです。

 紀野 すごいなと思って、尊敬しているのは鈴木光先輩です。本当に強いんです。いったい何ができないんだろうって思います!

 岡本 東大王チームの皆さんは本当にすごいなって思う方ばかりなので、東大王チームではない方で言うと、富永美樹さんは本当にすごいな、と。行ったことがないところでも、ニュースや映像で見ただけで知識に入れていらっしゃるし、アンテナの貼り方がすごい。アナウンサーをされているので、漢字も凄く読めるし、教養もある。押し負けるたびに圧倒されています。「これは極めるぞ!」っていう極め方をされているので、いつも刺激を受けています。あと、答えられなかった時にまっすぐに悔しがられるので、それがすごくかわいらしいなって。それと、私は「クイズ部」出身だったんですが、「高校生クイズ」や早押しクイズの名門みたいな大会はありましたが、その道で頑張っている方もたくさんいるけど、あまり知られていなかったんです。「競技クイズ」の知名度が上がったのは、伊沢さんらがQuizKnockで一大エンターテインメントにして見せてくださったことも大きくて。いちクイズファンとして、すごいなと思っています。

 ――6/24(水)は視聴者のみなさんもリモコンのdボタンから参加できる、生放送の3時間スペシャル。初参戦の芸能人の方も参戦するそうで、これまで以上に盛り上がりそうですね。そして、来週の7/1(水)放送は、どんな感じになるのでしょうか?

 鈴木 いつもと形式が変わって、東大大王正規メンバー4人と東大王OB・伊沢率いる候補生3人が戦います。今まで見たことのない新たな試みに。

 紀野 正規メンバーと候補生との対戦で、候補生それぞれが活躍できる場面がありました。

 岡本 正規メンバーの皆さんは強力なお相手なので、面と向かって対戦するはちょっと怖くもあったんですけど。とても新鮮でした!

 

★「TVstation」14号で3人の鼎談を掲載中! こちらも要チェック!!

 

●番組情報

東大王

TBS 毎週(水)後7時~8時

MC/ヒロミ、山里亮太(南海キャンディーズ)

東大王/鶴崎修功、鈴木光、林輝幸、砂川信哉(以上、正規メンバー)

紀野紗良、岡本沙紀、伊藤七海(以上、サブメンバー)