テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

伊藤「深い縁を感じる作品」 1/17(金)スタート「病室で念仏を唱えないでください」

病室2 1/17(金)後10時からスタートするTBS系・金曜ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(毎週金曜後10時、初回15分拡大)の制作発表が行われ、僧侶で救急医の主人公・松本を演じる伊藤英明、優秀な救急医役の中谷美紀、松本と衝突する天才心臓血管外科医役のムロツヨシ、共演の松本穂香、片寄涼太、余貴美子が登場。

 主演の伊藤は「自分自身、近年、子供が生まれ、その一方で、20代の頃からお世話になった2人の父親と言っても過言ではない事務所の社長、そして本当にかわいがっていただいた先輩の津川雅彦さんを亡くし……生と死に向き合い、人生の岐路を感じているときに、このような作品に出会えたことに、感謝と、深い縁を感じています」とあいさつ。中谷は伊藤が演じる松本に対し、「僧侶であり医師という松本という人間が、人間味あふれていて、情熱的で、とても魅力的だったものですから、極楽浄土、地獄の果てまでもお供したいと気持ちが傾きました」と。そして、最後まで愛していただけますようお願いいたします」と語った。

 ムロは「正月に帰省し、地元の友達や、親戚たちに、次にどんな役を演じるのか聞かれ、天才心臓外科医だと言ったら、ずっと笑われました(笑)。彼らを見返すためにも頑張りたい!」、余も「理事長役なので、皆さんよりもいい白衣をつくっていただきました(笑)。ひとクセもふたクセもある病院のメンバーと、物語を作っております」と周囲の笑いを誘った。
 新人・心臓外科医役の松本は1話を見て、「死と向き合うドラマ。終わってしまうつらく悲しいことのなかにも、残された人たちが明日から頑張れる活力みたいなものをもらえるドラマだと感じました」と感想を。そして「ステキな先輩方とともに、児嶋を一生懸命生きて、いいドラマにしていけたらと思います」と意気込みを述べた。
 松本に何かと反発する研修医役の片寄は、「研修医をやっている友人にも話を聞いて、帰省した時にリアルな声を聞いてきました」と役作りしたことを明かし、「サトリ世代、若い世代代表として演じさせていただます。いい経験ができたら」と意気込みを。なお、 動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で、片寄涼太主演のオリジナルストーリー「病室で念仏を唱えないでください~サトリ研修医・田中玲一~」も配信(第1話先行配信中、第2話以降は放送終了後配信)。本編では描き切れない患者や家族のその後のエピソードなど、一人の研修医を通して本編とは違った角度で感動の物語を見せていく本作について、片寄は「オリジナルストーリーでは、より病院のことを知っていただけるようなストーリーになっています。サトリ世代の田中がこんなことを思っていたんだということもお届けできたら」とPRした。