テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

氷川きよし、20回目の紅白「ありのままの姿で表現したい」【紅白リハ】

IMG_7433 12/31(火)後7時15分から放送される「第70回NHK紅白歌合戦」(NHK総合ほか)の囲み取材にて。
 デビュー20周年、20回目の紅白出場となる氷川きよしは、「最高の一年、最高の締めくくり。70回という節目の年に出られて、感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。
 今回は、アニメ「ドラゴンボール超」のOPテーマ曲「限界突破×サバイバー」と20周年記念「大丈夫」による
「紅白限界突破スペシャルメドレー」をおくる氷川。「ドラゴンボール」シリーズで孫悟空の声を務める、レジェンド声優・野沢雅子も応援に駆けつける。
 リハーサルを終えた、「震えました、緊張しちゃって。すごいことになるんですよ。言えませんが、今回はすごい。紅組のような、白組のような。演出が“限界突破”、やるほうは必死です」と感想を述べた。
 そして、「20周年を迎えて、ありのままの姿で表現をしたいなと思いました。もっと自分らしく、もっとイメージをぶち壊したかった。この『限界突破×サバイバー』で紅白に出たかった。本当の自分を表現しようと思っていたし、自分が持っているものを生かしたかった。挑戦すると摩擦も生まれるけど、後世の人たちにも限界を決めないでほしいと伝えたい。この曲を歌うことに使命感を感じます。自分の個性を、命を大事にして、もっと楽しんで歌いたい。自分にも、聴いてくださる方にも響く歌を」と意気込みを語った。