テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

「キングオブコント2019」決勝、ファイナルステージ進出は、どぶろっく、うるとらブギーズ、ジャルジャル

 今年で12回目となる「キングオブコント2019」がTBS系にて生放送。決勝10組がネタ順に発表された。

【決勝進出者/1stステージ点数】※登場順。カッコは決勝進出回数

01_うるとらブギーズBうるとらブギーズ(初) 462

02_ネルソンズBネルソンズ(初) 446

03_空気階段B空気階段(初) 438

04_ビスケットブラザーズBビスケットブラザーズ(初) 446

05_ジャルジャルBジャルジャル(9年ぶり3回目) 457

06_どぶろっくBどぶろっく(初) 480

07_かが屋Bかが屋(初) 446

08_GAG_BGAG(3年連続3回目) 457

09_ゾフィーBゾフィー(2年ぶり2回目) 452

10_わらふぢなるおBわらふぢなるお(3年連続3回目) 438

 10組による1stステージが行われ、松本人志、さまぁ~ず三村マサカズ&大竹一樹、バナナマン日村勇紀&設楽統の5人の審査員が、それぞれ持ち点100点で点数をつけ、得点上位3組がファイナルステージに進出。ファイナルステージと1stステージとの合計点数で12代目キングが決まる。

 審査基準になる1組目のうるとらブギーズは、トップバッターながらもプレッシャーを跳ねのけ、審査員5人も高評価。うるとらブギーズも「優勝ですかね!?」と笑顔を見せた。

 2組目のネルソンズも、「トリオの良さがでていた」と設楽。「爆発的なものがあってもよかった」(松本)と、うるとらブギーズに続いた。

 3組目は空気階段。「展開が変わって素晴らしいんですけど、もっとシンプルに笑わせてくれたほうがよかったのかな」(松本)とコメント。「レベルが高いので、下がったように見えるけど、面白いんです」(三村)と讃えた。

 4組目のビスケットブラザーズは、ネルソンズと同じ446点に。日村は「展開にびっくりしたし、何やってんだこいつら(笑)と思って。面白かった」、松本は「意外と若いのね、これからが楽しみ」と。

 この時点で惜しくも1stで涙をのんだ空気階段・水川かたまりは、「お笑いのある世界に生まれてきてよかった」と真っすぐな目で語り、会場の笑いを誘っていた。

 5組目のジャルジャルに、大竹は「すごいね」と感嘆。松本も「感心してしまう」とコメントした。

 6組目はどぶろっくは480点の高得点。「大好き。爆発力」(三村)、「“てんどん”だけど胃もたれしない。いい油で揚げたみたいな」(松本)、「コントに生きざまがでている」(設楽)と絶賛。

 7組目のかが屋は446点で惜しくも敗退。94点の高得点をつけた設楽は「説明していないのに、時間軸を分からせるのはすごく高度」と讃えた。
 
 8組目はGAGは457点でジャルジャルに並んだ。「面白いですよね。2本目見てみたい」と松本も期待を。この時点で暫定1位のどぶろっくのファイナルステージ進出が決定に。

 9組目のゾフィーは腹話術師の会見ネタで勝負。得点発表後、惜しくも敗退となり、腹話術の人形とともに悔しそうな顔を見せ、笑いを誘った。「笑いも取れてたけど、カメラワークに助けられていたかも」と松本。

 ラストの10組目のわらふぢなるおは、点数が届かず「やっちゃった!」(口笛なるお)と嘆き節。三村はネタ順にふれ、「最後としてはライトだったかも」とコメントした。

 この時点で3位がジャルジャルとGAGになり、審査員による決選投票が行われ、3対2でジャルジャルがファイナルステージ進出を決めた。