テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

令和も続く“渡鬼”、橋田、石井Pが想いを語る 9/16(月・祝)放送

058v3

 9/16(月・祝)敬老の日にTBS系で「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 3時間スペシャル2019」(後8時~10時57分)が放送。平成2年にスタートした「渡る世間は鬼ばかり」は、この最新回が通算511回目、30年目を迎える。令和最初の「渡鬼」のテーマは<世代交代>と<新時代>。五月(泉ピン子)と勇(角野卓三)夫婦が営んできた、中華料理店「幸楽」の担い手は五月たちから娘夫婦へ。五月は娘の愛(吉村涼)から店に立たなくていいと言われ居場所を失う。五月は新たな生きがいを探し、料理をつくる動画をスマートフォンで配信し、それが大評判になるが……。平成を通して親しまれてきた名物ドラマが、令和にも続くにあたり、作家の橋田壽賀子と石井ふく子プロデューサーが囲み取材を応じた。

 石井は「おかげさまで『渡る世間は鬼ばかり』は30周年を迎えることができました。橋田先生にご無理を言ったり、お互いけんかもしながら、60年以上のお付き合いでございます」と述べると、橋田は「私たちは30代でめぐり合いました。二人の年齢を足したら200歳近いですよ」と語り周囲の笑いを誘った。

 さらに石井は「昨今、家族を題材にしたドラマは少なくなっています。私たちは家族を扱ったドラマだけを追求し、このドラマでも様々な家族の問題を扱って参りました。サスペンスもののドラマが流行っていますが、私も橋田先生も家族のなかにこそサスペンスがあると思っております」とゆったりした口調とは裏腹に鋭い一言を。

 また、劇団EXILEのメンバー・小野塚勇人が小料理屋「おかくら」の常連客の藤川昇役で出演。石井はキャスティングの際にEXILEのリーダー・HIROに相談したという。小野塚の印象について聞かれた石井は「年齢が若くて、清潔感のある男性を探しており、HIROさんに相談したところ、ぴったりな印象の小野塚さんをご紹介していただきました。とてもいいお芝居をする方でした」と小野塚が抜てきされた経緯を明かし、賞賛していた。

 今回の放送でスマホや動画配信の登場について質問が挙がると、橋田は「スマホは自宅にいながら誰かにアピールしたり、共感者を集められるすごい手段ですよね。一度『橋田壽賀子』を調べたら、私の断りなしにいろいろ書かれていて。私がつくったことを忘れているドラマのことも書いてありました(笑)。私も他人の(検索結果)をみて面白かったですけど(笑)」と笑いを誘った。そして「渡鬼」が30周年を迎えることについて、「この時代にドラマをつくる仕事をいただけてありがたいです。テレビでメッセージを伝えられることが幸せですし、感謝しております」とドラマへの想いを語った。