テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

村上信五「もしも塾」萩公演後のホットなコメントが到着

舞台やバラエティの仕事や表現に魅力を感じているタレントたちと共に、「コンサートのショーアップされたステージ以外のいわゆる“舞台” に立つ楽しさを伝え、同時にこれからの日本の舞台やバラエティを一層盛り上げるべく、演技の瞬発力や発想力、アドリブ力を存分に試す場を作りたい」という村上の思いから始まった、関ジャニ∞村上信五による『もしも塾』。 もしも塾

4月の東京グローブ座での初公演に続き、5/25、26には山口県・萩(萩市民館 大ホール)での公演が実現。萩と言えば、吉田松陰による「松下村塾」があり、かつて“新しい日本”を夢見て多くの人が集まり、学び、近代日本の礎となった地。村上の「これからの新しい舞台やバラエティの礎を少しでも作りたい」という想いもあり、“塾”への敬意と思想への共感をもって、この地での開催となった。

 

2日間で計4回行われた公演では、村上CEOをはじめ、有岡大貴(Hey! Say! JUMP)、桐山照史(ジャニーズWEST)、千賀健永・二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)、小島健・佐野晶哉(Aぇ! group)が出演。公演を終え、村上CEOは「得体の知れない舞台でしたが、萩の皆さんに温かく迎えていただき、本当にありがとうございます。楽しい時間を過ごさせていただき、嬉しく思います。1回目の東京、今回の萩と続けてきて、第3回はまだ決まっておりませんが、ぜひ楽しみにしていてください!」と早くも次回作に意欲を見せた。また出演者の二階堂高嗣(Kis-My-Ft2)も「その場で決まる配役や、間の取り方を瞬時に合わせるなど、裏側でもバタバタしながらでしたが、楽しんでいただけたなら嬉しいです!いつでも、どこでも上演出来る舞台だと思うので、他メンバーやジャニーズJr.の若い子たちも、ぜひチャレンジしてみて欲しいです!」とコメントを寄せ、手応えを感じていた。