テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

島崎遥香&岡山天音が恐怖体験を告白 WOWOWドラマ「東京二十三区女」

WOWOWドラマ

  東京23区を舞台にしたWOWOW初のホラーミステリードラマ「東京二十三区女」が、4/12(金)深0時から放送スタート。映像作家であり、小説家である長江俊和の小説「東京二十三区女」を原作にした本作は、倉科カナ、安達祐実、桜庭ななみ、壇蜜、中山美穂、島崎遥香が各話の主演を務め、1話で1区を描く、全6話のオムニバスドラマだ。

 放送直前イベントとして、東京23区在住女性を23名限定で募ったトークイベントを開催。全話に登場するフリーライター・璃々子役の島崎遥香、そして璃々子と共に東京23区を巡る民俗学講師で璃々子の先輩である島野仁役の岡山天音、原作・脚本・監督を務める長江俊和がイベントに登壇した。

 撮影は東京に実在する恐怖スポットに足を踏み入れて行われ、島崎は「現場で何かあるんじゃないかと思って怖かった」と振り返り、「(板橋区の)“縁切榎”では、縁切りの願掛けをしに来た方から、『握手してください』と言われて、どういう気持ちで握手したらいいのか分からなかった(苦笑)」と明かした。

 岡山は「とにかくしゃべっていた役。演じたことがない役どころで、普段使っていない脳の部分を使って演じていました(笑)」と。また、「霊感は全然ないんですが、別のホラー作品で、僕が死ぬシーンを撮っていた時に、母から連絡が来ていたんです。撮影中に、僕から母に電話がかかってきたということがあったですが、履歴はなくて……」と不思議な体験を明かした。さらに「幽霊は信じる方。よく話も聞くので、いるのかなぁて感じですけど。よく『ついている』とは言われて(苦笑)。払ってもらうと運気が上がるので、いるのかなぁって思います」と衝撃エピソードも飛び出した。島崎も、「私も霊感は全くないんですが。地方でホテルに泊まっていた時に、上の階の足音がうるさかったことをマネージャーさんに言ったら、『ここ最上階だよ』と言われ、後々ぞっとしました」と告白。「足音が聞こえた後、ちゃんと寝たんですけど」と続け、会場から笑いが起こった。

  恐れているものは?という質問では、長江監督は「死ぬことかな」と。岡山は「孤独。一人で過ごすことが多くて、最初は好きで過ごしてたんですけど、いつまで一人なんだろうって」と苦笑いした。島崎は「怖いのはジェットコースター。自ら、落ちるんですよ!? 怖くないやつだからと言われて、乗ったことありますけど……。内臓が揺れません!? 内臓が出ちゃいそうで(苦笑)」と明かした。

  そして、長江監督は「こんなに素晴らしいキャストが出てくださって、僕自身、いち視聴者として楽しめる、想像をはるかに超えた作品になりました」と自信を。岡山は「怖いだけじゃなく、もう一つエッジのきいた新しい作品になっていると思います」と。島崎は「1~5話まで気づかなかったことが、6話で何かあったりするのかな。6話は衝撃だと思うので、全話見ていただけたら!」とPRした。

●放送情報

ドラマ「東京二十三区女」

4/12(金)WOWOWプライムにて放送スタート

毎週金曜深0時~(全6話)【第1話無料放送】

https://www.wowow.co.jp/drama/tokyo23ku/