テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

吉田類がおくる“酒場放浪記”フランス特番!

酒場★IMG_7716

 BS-TBSの人気番組「吉田類の酒場放浪記」(毎週[月]後9時)でおなじみの詩人・吉田類が、日本を飛び出しフランスへ。食や酒はもちろん、伝統や文化にもふれるフランス周遊の旅を追った特番「吉田類 フランス大紀行~美食と芸術を訪ねて~」が、3/8(金)・15(金)後9時より2週連続で放送。芸術の都・パリを起点にリヨン、ブルゴーニュ、バスク、ノルマンディー、そして世界遺産モン・サン・ミッシェルをめぐる。

 放送に先立ち開催された番組発表会に、吉田類と、旅に同行した同局「おんな酒場放浪記」(毎週[金]後11時)で活躍中のモデル・倉本康子が登壇。 「とにかく面白かった。おいしかった」と旅を振り返った吉田。40年前にパリに在住していたことを明かし、「『酒場放浪記』の飲み方は、ヨーロッパで覚えた。ヨーロッパから始まったといってもいい」と想いを馳せた。吉田を師と仰ぐ倉本は、「(猫背気味の)類さんの姿勢を矯正する旅でもありました(笑)。パリでは伝統と熱さを感じられた。フランスを一周したかのよう」と感想を。

 ワインの聖地・ブルゴーニュでは、6代続くワイン生産者の元を訪問。画家でもある吉田がワインラベルを書くことに。「イメージがすぐできた」(吉田)という、うさぎがワインを盗み出しているイラストのワインラベルを張ったコラボワインも披露された。

 また、この旅で印象的だった酒、肴を聞かれ、吉田は「カルヴァドスという蒸留酒。ガツンと来るうまさと香りは日本では味わえない。浄土に咲く花の香りのよう。夢の中ではしょっちゅう行ってます(笑)。香りを飲む酒。即、買いました」と。倉本は「バスク地方のキントア豚のローストがおいしかった。フレンチビアも結構おいしい」とオススメを語った。

 4月のBS-TBS番組改編では、“酒場放浪記”の流れをくむ新番組も登場。吉田は「うれしいこと。自分がこういう番組を独占するつもりもないし、飲みが健全に広まれば。徹底して楽しく飲む! 記憶はないですけどね(笑)。そういう番組ができるのは、うれしい」と笑顔を見せた。

●番組情報

BS-TBS特番
「吉田類 フランス大紀行~美食と芸術を訪ねて~」

第一夜 3/8(金)後9時~10時54分
第二夜 3/15(金)後9時~10時54分
出演/吉田類、倉本康子
ナレーション/香川照之、古谷有美アナ(TBS)

●吉田類アートラベルワイン発売!

番組のロケで訪れたブルゴーニュで意気投合したドメーヌ当主ミシェル・グロ氏の申し出により、吉田類が描いたアートラベルのワインボトルが実現! オンラインショップ限定で3/8(金)に発売予定。

販売に関するお問い合わせは株式会社ライトアップショッピングクラブまで https://www.lusc.co.jp