テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

映画『トラさん』ヒット祈願で北山宏光のイジられキャラが発覚!?

 2/15(金)公開の映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』で映画初主演を務めた北山宏光(Kis-My-Ft2)と北山演じる寿々男の妻・奈津子役の多部未華子が、不慮の事故でこの世を去ったダメ夫・寿々男が猫になって愛する家族の元へと戻る……というストーリーにちなみ、招き猫発祥の地とされる浅草・今戸神社でヒット祈願を行った。

トラさん1

 北山と多部は、神社という神聖なシチュエーションに合わせ、和服姿で登場。

マスコミ取材前にご祈祷を受けた北山は、「たくさんの人に観ていただきたいなと。多くのスタッフさんたちが関わってくださった作品なので、そんな皆さんの気持ちを背負ってお祈りしました」と座長らしくチームを代表してヒットを祈願したことを明かした。

 本イベントは一般ファンも参加して行われたが、トークセッションの最中にファンが一番沸いたのが、北山と多部の“ノリ・ツッコミ”の掛け合い。「初共演の第一印象は?」という質問に二人は……

トラさん2

多部「私、北山さんの立ち位置が分からなくて」

北山「何の立ち位置ですか?」

多部「グループの……」

北山「たまにイジり、たまにイジられ」

多部「現場でイジられまくってたんですよ」

北山「いや、アナタにね!」

多部「結構みんなにです(笑)」

北山「徐々にみんなにイジられ出して。それを僕は“多部化”と呼んでいました」

多部「イジられやすいキャラなので、(グループでも)そういう立ち位置なのかなって思ったんです」

北山「僕はフランクに接してただけなんですけど。あれはイジりだったんですね(笑)」

 そんな和やかな現場で撮影された『トラさん』の見どころを一言でアピールをとリクエストされ、北山はこう答えた。

「ぜひ、家族で観てほしいですね。最初はお母さんや娘さんに連れられてでもいいんですけど、映画館に行ったお父さんが最終的には一番泣いてる……みたいな感じが理想です」(北山)

 トークのあとは、トラ柄の招き猫の除幕式が。この招き猫は今戸神社に奉納される。

トラさん3

 

映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』

2/15(金)公開

配給/ショウゲート

原作/「トラさん」板場皆(集英社マーガレットコミックス刊)

監督/筧昌也

出演/北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズム

主題歌/「君を大好きだ」Kis-My-Ft2(avex trax)

©板場皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会