テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

中条あやみがハーゲンダッツ ジャパンの新CMで艶やかな着物姿を披露

makajou2 中条あやみがブランドアンバサダーを務めるハーゲンダッツ ジャパン株式会社が日本での創業35周年と日本で開発した初めてのフレーバー「グリーンティー」の新CM放映を記念して、新CM発表会に登場。

 新年らしく美しい着物で登場した中条。振り返ると紙飾りには“35”の文字が。「実際にCMでも着させていただいたんですけど、すごくキレイで。なかなか着る機会も無いので嬉しいです!」と、着こなしでも内情を盛り上げた中条。2019年の彼女の目標「新しいことに挑戦!」にかけて、その場でサンドアートに挑戦すると、初挑戦とは思えない堂々たる出で立ちで、サンドアートパフォーマーのkoheiさんも絶賛するほどの見事な鶴を描き出す。「本番でしっかりできるか不安でしたが、無事に完成してよかったです。すごく難しくて、ちゃんと鶴に見えているか心配でした(笑)」とホッとした表情を。あまりの素晴らしい出来栄えに司会が「サンドアートでやっていけるんじゃないですか?」と勧めると、「絶対無理です!(笑)」と謙遜したものの、「褒めていただけて嬉しいです」ととびきりの笑顔を見せた。

 nakajou1

囲み取材では、「私はもうすぐ22歳になるんですけど、これまでがあっという間でした。これからもハーゲンダッツのようにステキな年の重ね方をしていきたいなと思います」と。ハーゲンダッツの思い出を聞かれると、「初めてハーゲンダッツを食べたのは、小さい頃だったんですけど、一瞬でペロッと食べてしまっていたんだと思います。その当時は、“いつか大人になったら大人買いできるようになろう(笑)”と思っていたので、まさかCMに出させていただけるようになるとは……」と笑顔を。2月4日に22歳の誕生日を迎える中条は、当日は何をするのかと予定を聞かれると、「『雪の華』が公開されるのでぜひ見てください!」と三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの登坂広臣とW主演を務める主演映画をかわいく宣伝。「去年はちょうどフィンランドで『雪の華』を撮影していて、そこで皆さんにお祝いしてもらいました」と思い出も語っていた。最近は、古本屋や銭湯にハマっているようで、「銭湯は本当に好きで、実家に帰ると行きつけの銭湯があるんです。東京でも良い銭湯を常に探しています」とプライベートも告白し、会場を沸かせた。最後は、「35歳になった時には、自分の母のように強くて、バーゲンダッツのように長く愛される女性になっていたいと思います」とハーゲンダッツ ジャパンの35周年に掛けて、自身の目標を力強く語っていた。

 

中条あやみ●1997年2月4日生まれ。大阪府出身。2011年に「ミスセブンティーン2011」グランプリを受賞し、雑誌「seventeen」の専属モデルとして活躍。その後、様々な映画、ドラマに出演。2018年は映画「チア★ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」で第41回日本アカデミー賞新人賞を受賞。主演映画『雪の華』が2月1日(金)に公開される。