テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

映画初共演の木村拓哉、二宮和也互いに絶賛!撮影エピソードを語る

 IMG_6403

IMG_6419

 

映画『検察側の罪人』の「公開直前 夏の納涼試写会」に木村拓哉、二宮和也、酒向芳、芦名星が登壇。浴衣姿の観客を前に、トークイベントを行った。納涼ということで衣装のポイントを聞かれると、「今日は涼し気な衣装にしました」という木村に、二宮も「今日はジャケットでちゃんとしてきました。サンダルも革にして。涼しげだけど、気合入ってます!」とコーディネートを解説。

さらに、「今日の衣装は全部(木村から)もらったものです。ざっくり言うと“木村拓哉”です!」と、木村からのプレゼント服であったことを告白。会場から大きなどよめきが湧き起こった。

撮影中のお互いのイメージについて木村は、二宮を「豊かな表現者」と評し、「普通なら力んでしまいそうになるのに、一切なく、自然体で“沖野”という役を全身で体現していた」とベタ褒め。一方、二宮も「プロ野球選手と一緒に交じって野球をしているような感じ」と木村を表現。「どんな球を投げようと、どこに打とうと、ちゃんと拾ってくれるし取ってくれる。『そうやるなら、こうしてみよう』と瞬時にやってくれて、演じていて楽しさしかなかったです」と、先輩・木村の凄さを改めて振り返った。

演技はもちろん、その姿勢を互いにリスペクトする2人だけあって、先輩・後輩の垣根を超え、イベント中は穏やかなトークが繰り広げられる。

イベントの締めでは、木村が観客の浴衣姿になぞらえて「帯をきつく締めすぎちゃったかな、という内容になっていますので、心して受け取ってほしいと思います」と作品をPR。続けて二宮も……なはずが、代表コメントと勘違いし、木村から「今、OFFってただろ」とツッコまれる一幕も。「浴衣と絡めてうまいこと言うな~と思って(笑)」と感心する二宮のコメントに、会場全体が笑いに包まれた。

木村と二宮が初共演を果たす映画『検察側の罪人』は、8/24(金)全国東宝系にて公開される。