テレビステーション

ロボ
芸能ニュース

7月期TBS系火10枠は綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース」

ox Giri 2s 7月期TBS系火10枠は、綾瀬はるか主演ドラマ「義母と娘のブルース」に決定。笑って泣ける、桜沢鈴の幻の4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公が、娘がいる男性からプロポーズをされ、結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に一生懸命に奔走、家族と過ごす日々を描く。脚本は「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)、「白夜行」(2006年)、「MR.BRAIN」(2009年)、「JIN-仁-」(2009年、2011年)、「とんび」(2013年)、「天皇の料理番」(2015年)など、数々のヒットドラマを手掛けてきた森下佳子が担当する。

 主人公のキャリアウーマン・岩木亜希子を演じる綾瀬は、今作で初の義母役に挑戦。亜希子にプロポーズする子持ちのサラリーマン・宮本良一役には、TBSの連ドラに6年ぶりの登場となる竹野内豊がスタンバイ。

 綾瀬は、「温かくて、クスッと笑えて、ほっこりする物語です。視聴者の皆さまにもほっこりして頂けるように頑張ります」、竹野内豊は「義母と娘と実父の、誰かを幸せにしてあげたいともがく様を毎週ご覧頂けたらうれしいです」、プロデューサー・飯田和孝は「“日常に満ち溢れている優しさ”を、このドラマを見てくださる皆様に感じてもらえたらと思っています」とコメントを寄せた。