テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

タッキーの火山探検に驚き!「クレイジージャーニー正月SP」

3s (3) 1/2(火)深11時25分より、TBSにて「クレイジージャーニー正月SP」を放送。独自の目線や強いこだわりをもって世界や日本を旅する人々(=クレイジージャーニー)が常人離れした体験話を語る本番組。正月SPでは、芸能人初のジャーニーとして、”タッキー”こと滝沢秀明が出演。プライベートで火山を探索するのが趣味という滝沢の、”マグマ大接近旅”に番組スタッフが同行。スタジオでその模様が明らかとなり、ガチな旅の様子にMCのダウンタウン松本人志、バナナマン設楽統、小池栄子が驚きの声を上げていた。

 収録後、滝沢は「ようやく皆さんにお見せできた喜びが一番ですかね。火山って怖いものって認識が日本人ってあると思うんですけど、そういうイメージを変えられたらいいなと思う。MCの皆さんはいろんなジャーニーの方を見られているので、どんな反応かわからなかったんですけど、意外とリアクションをいただけたのでうれしかったです」とコメント。また、番組への再出演については「もちろん! 新しいものもどんどんできているので、もしよければ第2弾は他のところにいきたいですね」と意欲を口にした。

 また、MCの設楽は「芸能人の方がゲストに来るのは初めてだったんですが、思ってた以上に、びっくりするぐらい、すごくて。これまでのクレイジージャーニーさんのなかでも、なかなかの衝撃映像。驚きでした。なので、スペシャルで芸能人がゲストに来たんだ、ではないです」と語り、松本も「クレイジージャーニーを呼んだら、たまたま芸能人だったという。すごい映像を見ちゃいました」と続けた。さらに、松本は周囲の過酷な状況にも動じない滝沢の様子に、「あの動じない感じはどこで学んだんだろう」と感嘆。小池栄子も「確かに。ジャニーズの若手の皆さんが憧れている人で滝沢さんの名前が上がることが多いと思うんですが、すごく今日納得しました。本当に人としてしっかりした人なんだと思って」と。設楽は「表には見せないけど、中にはマグマみたいなものがあるのかな? たぎる思いというか」と語り、松本も「すごいですね。僕より年下ですけど、ここで何かあってもタッキーについていったら何とかなるかなという気にさせられました」と、その人柄にも感心していた。

 さらに、この旅に同行するなら聞かれると、「そうですね、っていいつつ……行かないです(苦笑)。道中がしんどくて」と設楽は及び腰。小池は「『一生に一度は……』という言葉には惹かれる」と興味を示すも、「でも、マグマがビシャって来ちゃったら……」と設楽は心配の声を。すると松本は「もうちょっと初級のがあれば」と口にし、小池も「天ぷら鍋ぐらいのサイズの火口があればと(笑)」と続け、周囲から笑いが起こった。