テレビステーション

ロボ
Loading
芸能ニュース

AKB48、乃木坂46、欅坂46らが第59回”レコ大”のステージへ!

レコ大1 12/30(土)後5時30分から「第59回輝く!日本レコード大賞」を、TBS系にて生放送(一部地域では放送時間が異なります)。昨年に引き続き、司会は安住紳一郎アナと、天海祐希が担当。安住は「アーティストの皆さまの熱量を感じられるステージを私自身も楽しみにしておりますし、そのステージを余すことなく伝えられるよう励みたい」、天海は「アーティストの方々の1年を締めくくる大きなイベントに、少しでも力になれるように頑張りたいと思います」と意気込みを語った。

レコ大2  放送に先駆け記者会見が行われ、各賞受賞者13組が登壇、コメントを寄せた。優秀作品賞のAAA浦田直也は「今年は初の4大ドームツアーもできて、『LIFE』という曲で、8年連続で優秀作品賞をいただくことができました。2017年、最高の締めくくりにできるように、メンバー全員、力を合わせて当日パフォーマンスをさせていただきたいと思います」、欅坂46菅井友香は「このたびはこのような素晴らしい賞を頂くことができ、ありがとうございます。2017年はデビュー2年目で、新しい挑戦ができた年でした。当日は緊張してしまうかもしれませんが、チーム一丸となって最高のパフォーマンスをお届けできるよう、精一杯頑張ります」と語った。

 AKB48横山由依は「AKB48としては、9回目のステージとなります。優秀作品賞となった『願いごとの持ち腐れ』という曲は、合唱に初挑戦した楽曲。その時にメンバー一丸となったので、年末にもう一度一丸となって対象を目指していきたいと思います」、乃木坂46桜井玲香は「2017年、ステキな年末を迎えられることができてうれしい。優秀作品賞の『インフルエンサー』は、私たちの楽曲の中でも一番、振り付けが難しい曲。本番では、ステキなパフォーマンスを披露できるように全員で頑張っていきたいです」と意気込みを。三浦大知は「レコード大賞は初出場。音楽というのは一人で作っているものではなくて。僕は表に立ってパフォーマンスをしていますが、たくさんの方々の力があって曲ができあがっているので、チームを評価してこうした賞をいただけたことを大変うれしく思っています。周りの方への感謝をパフォーマンスに代えて、当日思いっきり踊りたいなと思っています」と力を込めた。

 「名前を変えたら賞をいただきまして」と話し会場の笑いを誘った企画賞のThe KanLeKeeZの高見沢俊彦は、「非常に戸惑っておりますが(笑)、何よりも戸惑っているのは、誰よりも派手な衣装を着ているのが僕らだということで(笑)。次はTHE ALFEEで企画賞を目指したいと思います」と続け、会場を沸かせていた。三浦祐太朗は「2017年は僕の母親である山口百恵のカバーアルバム『I’m HOME』をリリースしまして、全国いろんなところで歌わせていただきました。レコード大賞のステージは初めてですが、当日は精いっぱい歌いたいと思います」と爽やかな笑顔を見せた。

 特別賞の荻野目洋子は「32年ぶりに『ダンシング・ヒーロー』を皆さんに再注目していただけたという、私にとっては奇跡の一年になりました。このきっかけを作ってくださったのはいろんな方のお力があると思いますが、なかでも一番のインパクトを与えてくださった、大阪府立登美丘高校ダンス部の皆さんとの受賞になりました。当日はその日しかない特別なパフォーマンスをお届けしたいと思います」、日本作曲家協会推奨の杜このみは、「本当に感謝の気持ちでいっぱいです。皆さまに感謝の気持ちを込めて、12/30も精いっぱい、一生懸命頑張ります。自分らしく熱唱したいです」と。

 新人賞のUNIONEは「目標にしてきた最優秀新人賞を獲れるように、精いっぱい気持ちを込めてパフォーマンスしたい」、中澤卓也は「この賞に恥じないようこれからもしっかり歌っていかないといけないなという思いです」、NOBUは「僕は九州の宮崎県で生まれ、5歳からずっと音楽をやってきました。『田舎者だから無理だよ』と言われてきましたが、2017年の7月に再デビューをさせていただいて。この道にすべてがつながっていたんだなと確信しております」、つばきファクトリーは「当日はメンバー9人、一丸となってパフォーマンスしたいと思います」と感謝の思いと意気込みを口にした。

 また今回、AKB48、乃木坂46、欅坂46が同じステージに。AKB48横山は「私たちは私らしく、大賞を目指していきたい」、乃木坂46の桜井は「乃木坂46は、AKB48さんを目標にしてできたグループ。欅坂46は妹分ということでそれぞれ頑張ってきて。こうしてこの場所に立てることが、奇跡だと思うのでうれしい。乃木坂46としては、そこは一丸となって上を目指したいです」、欅坂46菅井は「憧れの先輩方と一緒にここに立たせていただいていることに感謝しております。私たちも先輩方のようなステキなアイドルになれるように、気を引き締めて頑張ってまいりたいと思います」と、それぞれコメント。AKB48としてのレコード大賞の最後のステージとなる渡辺麻友は乃木坂46、欅坂46との共演について、「いい刺激になります。それぞれのグループが最高のパフォーマンスができるように、私たちAKB48も頑張りたいです」と語った。

 さらに、優秀作品賞・初受賞について乃木坂46桜井は「結成して6年経って、私たちを認めてもらえたような気持ちですごくうれしい。今年は初めて東京ドーム公演も経験させていただいて、もう一段上にいきたいと、メンバーと気持ちを一つにできた年だったので、この賞に恥じないようにこれからもどんどん活動を続けていきたい」と、気持ちを新たにしていた。