テレビステーション

ロボ

V6の主張 森田剛くんの巻 [16年21号]

 プロジェクターから投影される映像とともにお届けしている今回の連載シリーズ。2人目は森田さんです。クールめな全身ショットから、下にしゃがんだ感じのポーズへと、構図を変化させながら撮影していったのですが……カメラマンが「では、ちょっと(ライトに)変化をつけて」と言ったとたん、なんと森田さんが手首を顎の下でくっつけて、両手で顔を包むおちゃめポーズを! スタッフが「あの…あのぉ…?」と戸惑いを見せると、「だって変化をつけてっていったから(笑)」と、いたずらっぽい様子で笑顔に。誌面には使っていませんが、しゃがんだポーズの時に、実はそんなエピソードがあったのでした。

次回は長野博さんが登場です。