テレビステーション

ロボ

V6の主張 井ノ原快彦くんの巻 [14年12号]

 イノッチの記憶続編を。2歳くらいの記憶も残っているというイノッチですが「自分の記憶なんて何の役にもたたないのよ。じゃあ、クイズ番組に出たらとか言われても、ホント無理と思っちゃう。だけど、平家派で話していると重宝というか場がなごむというか…」だそうです。ほら、やっぱり役に立ってますよ、井ノ原さん!