テレビステーション

ロボ

V6の主張 坂本昌行くんの巻 [19年12号]

 今回の坂本さんから、夏を感じさせる雰囲気の中での連載となります。植物の生い茂る入り口をかいくぐり、撮影場所へいらしてくれた坂本さん。スタッフが、植物の弦が垂れ下がっているところを持ち上げて、入り口をご案内したところ「大丈夫大丈夫!ありがとう」とやっぱりいつもの紳士な笑顔です! 今回使用した白壁の部屋をじっくりとロケハンしている最中、カメラマン&ライターで「この部屋ってひょっとして和室を改造したのかな?」などと話していると、しばらくして坂本さんの準備が整い、白壁の前に。すると開口一番、「ずいぶん強引に和室を改装したねー」と坂本さん。瞬時にその部屋の和洋折衷感に気付いたのでした。スタッフはその改装に気付くまで、けっこう時間かかったのに…坂本さん、さすがです!

次号は森田剛さんが登場。