テレビステーション

ロボ

V6の主張 岡田准一くんの巻 [18年6号]

 赤い布をまとったシリーズのラストは岡田さん。伏し目がちに布と踊っているかのような掲載写真のポーズ、実はカメラマンからのリクエストではなく、岡田さん自らが演出してくれたもの。ふわっと触ったり、バサっと投げてみたり(笑)、華麗に楽しそうに撮影に臨んでくれました。インタビュー中は、映画の役作りのお話をしながら差し入れのナッツをポリポリ。カラカラと軽快な語り口でお話してくれるのですが、ただ役を演じるだけでなく、体の中から自分を見つめ直す“俳優”というお仕事の大変さを、改めて教えてくださったインタビューでした。

 次号は坂本昌行さんが登場です。