テレビステーション

ロボ

月イチ連載・大河ドラマ連載「鎌倉殿の13人」⑧ [22年16号 連載]

若き鎌倉殿・頼家(金子大地)の無謀な政治を巡り、相変わらず問題が絶えない鎌倉。今号のキーパーソンともいえる頼家、後鳥羽上皇(尾上松也)、北条泰時(坂口健太郎)の見どころをピックアップでご紹介。物語一番の“恐怖シーン”担当・善児(梶原善)の暗殺リストも掲載。