テレビステーション

ロボ

「TS 2021ドラマ大賞」結果発表 第2弾 [22年4号 ピープル]

2020年10月から1年間に放送されたドラマの中から、読者の皆さまの投票で決定する「ドラマ大賞2021」。発表第2弾となる今号では、主演男優賞・主演女優賞・特別賞の3部門を発表。受賞者たちの喜びの声を届けます。

主演男優賞:阿部寛
「ドラゴン桜」(TBS系)で16年ぶりに桜木先生を好演した阿部さんが、主演男優賞に輝きました!「ドラゴン桜っぽく」ということで、別衣裳からわざわざスーツに着替えてくださり、ステキな笑顔をいただきました。16年ぶりの復活を「実は不安だった」と明かしてくれた阿部さんですが、皆さんから届いた“読者の声”を伝えると、「いや~、うれしいね~」と安堵していました。

主演女優賞:綾瀬はるか
主演女優賞は、「天国と地獄~サイコな2人~」(TBS系)で、刑事と容疑者の見事な“入れ替わり演技”を見せた綾瀬さんに決定。ステキなお着物姿でご登場です。数々の作品を経験してきた綾瀬さんですが、なかでもこの作品は“挑戦”だったそう。当時の撮影を振り返っての思いを語っていただきました。

特別賞:「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」
「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」(テレ東系)が、作品賞、主演賞、助演賞の全部門で上位ランクインしたのを記念して、特別賞を受賞!本間かなみプロデューサーから喜びのコメントも到着し、最終話キスシーンの裏話などを振り返っていただきました。劇場版連載とあわせてお楽しみください♪