テレビステーション

ロボ
Loading
フランスの台所から
洋風料理のベースはやっぱりフランス食文化と思う人へ

[9]キヌアをもっと身近に

france_9-6レシピ:スープキヌア
茹でたキヌアを使ってスープパスタならぬ、「スープキヌア」に。
スモークサーモンの香りとネギのうま味がふわっと香り、お腹にしっかり満足感が得られるスープです。

【材料 2人分】
・茹でたキヌア    1合分
・長ネギ       半本(青い部分も使ってOK)
・スモークサーモン  80g

・水         600ml
・鶏ガラスープの素  大さじ1~大さじ1,5(塩分の加減はお好みで)
・塩         小さじ4分の1
・こしょう      少々

1_ 下準備をする。
  ・キヌアを茹でる。
  ・長ネギは5mmのみじん切りにする。
  ・スモークサーモンは5mm~1cm程度の大きさに刻む。

2_ 鍋にオリーブオイル大さじ1(分量外)を熱し、中火で下準備した長ネギとスモークサーモンを軽く炒める。

3_ 水を加え沸騰させ、沸騰したら鶏ガラスープの素、塩、こしょうを加え、蓋をして弱火で5分煮込む。ここで、ネギが柔らかくなり、鶏ガラスープになじみます。

4_ 5分たったら、キヌアを加え強火で再沸騰させ、沸騰したら蓋をして弱火で3~5分煮込んで、できあがり。

*キヌアは水分を吸いやすく、4_の工程で時間をかけすぎると水分が無くなり、スープ感が失われるので気をつけてください。
*3_の工程までは前もって準備しておくことができますが、キヌアを加えるのは食べる直前で!
*鶏ガラスープの素は「YOUKI」社の商品を使いました。

france_9-7

<プロフィール>
藤井綾藤井綾(ふじい・あや)

2002年5月、高校卒業後、フランスのパリへ渡る。パリ第10大学の美術史・考古学学部に入学・卒業。その後、国立ルーブル学院に編入。
学業と並行して、パリ・オペラ座地区にある地元密着型のカフェで働き、フランス人が普段食する料理や食物、それにワインに対する興味・関心を深めていく。
2011年9月に日本に完全帰国。2012年1月より、滞在中に培ったフランスの日常的な料理を紹介するアトリエ(料理教室)「Atelierフランスごはん」を開始。
2013年9月、FUJII LABEL(http://fujii-label.com/index.html)として活動スタート。
ELLE ONLINE(エル・オンライン)にて、ブログ(http://blogs.elle.co.jp/parisgohan/)を執筆中。