テレビステーション

ロボ
Loading
ライブ
歌う、踊る、演奏する……仲間と一緒に楽しむ人へ

英語で歌う混声合唱団 ミュージックテーブル

ポップス、ジャズ、ミュージカルの名曲を英語で歌う合唱団、ミュージックテーブルは毎週土曜日が練習日。7月12日の練習風景を紹介します。


<Moon River(ムーン・リバー)>

団員は英語が堪能なわけでもなければ学校の音楽の授業以外に合唱なんてしたことがなかったという団員が大半。「楽しく練習」して英語の歌の魅力を地域の人に聴いてもらうのが願いだ。
合唱団は恵まれた環境を確保している。
一つは練習場。轟公民館(千葉市稲毛区轟町1-12-3)の講堂を毎週土曜日の午後3時~5時借り切って練習する。20代~70代までのメンバーは32名。練習当日の参加・不参加・遅刻は任意なので会員の精神的負担がないのも長続きする秘訣かもしれない。
毎年、年間の練習曲を決め、輸入楽譜を用意する。
練習以外にも、はなの広場など公共のスペースでコンサートを開く。1年間の練習の成果は11月~12月のコンサートで披露する。


<Bali Ha’i(バリ・ハイ)―南太平洋より>

もう一つ恵まれていることは指導者。
指揮・指導に当たるジェフリー・トランブリー(Jeffrey Trambley)氏は米国出身。1997年に来日し、東京音楽大学大学院に学んだ声楽家だ。体全体で指揮をするジェフに、団員もつられていきいきと声を張り上げる。
ミュージカルナンバー「バリハイ」を練習中、「“ハ”はハッキリ発音しましょう。成田(繪智子)先生は“ハ”はドイツ語で発音しなさい、とぼくに教えましたヨ」と声をかける様子は、日本での声楽キャリアを窺わせる。
ピアノ演奏の井手諒氏も合唱団にとって得難い協力者。井手氏のお蔭で、ジェフが不在の時もピアノが練習をリードしてくれる。

ミュージックテーブル入団等の問合せは合唱団ホームページへ
http://chorus-musictable.jimdo.com/

【Music Table の年末コンサート】
日時:11月30日(日)14時~(1回公演)
会場:三陽メディアフラワーミュージアム (旧・千葉市花の美術館)、
曲目:Yesterday、The South Pacific,medley、Finlandia(This is my song)等。ジェフ・トランブリー氏の独唱も聴きどころ。
※当初の2回公演予定から1回公演に変更になりました。