テレビステーション

ロボ
Loading

アイデアにセンスはいらない

アイデアにセンスはいらない梶 淳:著
定価:本体1,400円+税
発行年月: 2014年2月
判型/造本:46並製
頁数:208
ISBN:978-4-478-02640-3

内容
30作以上の番組プロデュースによって気づいたこと――それは、人々に支持されるものは、アイデアに秘密が隠されている。そして、そのアイデアは誰しもが生み出すことが可能なのです。「3つのステップ」と「5つの組み立て」だけでアイデアは使える武器に変わっていく!

あの番組は、こうして作られた!
ヒット作に使われたアイデア発想術とは?

「ドラえもん」・・・
リニューアルは、どのようにして成功したのか?

「クレヨンしんちゃん」・・・
スピンオフ・キャラは、なぜ生まれたのか?

「あたしンち」・・・
新料理コーナーがヒットを招いた理由は?

「仮面ライダーW」・・・
もともと主人公が、一人だった!?

「ガイキング」・・・
古きスーパーロボットを21世紀に復権させたチームワーク

「鳥人戦隊ジェットマン」・・・
なぜトレンディドラマ化したのか?

「機動新世紀ガンダムX」・・・
ファーストガンダムといかに向き合ったのか?

「平成仮面ライダーシリーズ」・・・
起源は、昭和ライダーだけではない!?

ほか、
映画「クレヨンしんちゃん」、「日曜洋画劇場」、「まもって守護月天!」「仮面ライダー電王」「パワーレンジャー」「仮面ライダーG」「新世界より」「仮面ライダーキバ」「祝(ハピ☆ラキ)!ビックリマン」 など登場

プロフィール
梶 淳(かじ・あつし)
1967年大阪府生まれ。1989年テレビ朝日入社後、2年目から若くしてキャラクター番組プロデュースデビュー。2005年「ドラえもん」リニューアルのほか、30作以上のアニメ特撮番組および映画作品を手掛ける。「クレヨンしんちゃん」「あたしンち」「平成仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」「機動新世紀ガンダムX」など、国民的キャラクター作品を主に担当。現在はコンテンツビジネス局でキャラクター作品のマルチユース戦略部署に所属。東京藝術大学大学院映像研究科 非常勤講師(2010-2011)