テレビステーション

ロボ
Loading

馬医 上巻

book_bai

(著)チョン・ミョンソプ他 (訳)米津篤八 13年7月初版 定価1785円

『宮廷女官チャングムの誓い』で韓国時代劇ブームを巻き起こしたイ・ビョンフン監督の新作『馬医』がNHK-BSプレミアムで放送をスタートした。 “神医”と呼ばれた実在の人物ペク・クァンヒョンの数奇な運命をドラマティックに描いた大作だ。 メディカル(医療)時代劇を得意とするイ監督らしく、細部にこだわりつつ壮大に描く演出が評判である。

『トンイ』の脚本家キム・イヨンのシナリオをもとに小説化したのが今回紹介するこの本。ドラマにはないシーンが付け加えられ、主人公の内面を深く掘り下げて『馬医』を理解するためには欠かせない一冊だ。

中・下巻は8月、9月に発売。